試験まで残り1ヶ月!TOEIC600点以上を取る3つの対策【満点講師直伝】

TOEICで600点以上を取らなければならず焦っていませんか?

特にTOEIC受験まで1ヶ月しか時間がない場合、不可能な目標に思えますよね。

 

しかし、TOEIC600点以上を取ることは、決して不可能な目標ではありません。

2019年のTOEIC公開テストの平均点数が588点なので、しっかりと対策できれば、獲得できるスコアです。

 

この記事では、TOEIC600点を1ヶ月で突破するための最適な学習方法3つを、TOEIC満点講師がご紹介します!

 

 

この記事の内容

1. TOEIC600点対策① 単語は問題を解いて確認する!

2. TOEIC600点対策② リスニング対策は音読が最強!

3. TOEIC600点対策③ 最高のリーディング対策は、目標正答数と解答時間を知ること

4. まとめ:TOEIC1ヶ月前の心構え

 

1. TOEIC600点対策① 単語は問題を解いて確認する!

1-1. TOEIC600点に必要な単語レベル 

一般的には、「TOEIC対策は、まずは単語の勉強から」と言われることが多いです。

これも決して間違いではありませんが、それはある程度学習期間があることが前提となります。

 

1ヶ月という短い準備期間しかない場合、単語帳を丸暗記するような勉強法は、試験時にそれらの単語を覚えているかが分からないため、賭けのようになってしまい、おすすめできません。

 

また、TOEICで出題される単語はある程度決まっている上、600点獲得に必要な単語のレベルは決して高くはありません

 

したがって、1ヶ月という短期間で準備をする場合は、「TOEICの練習問題を解き終わった後、分からない単語を全て潰していく」というアプローチがもっとも効率的です。

 

1-2. TOEIC600点のための単語学習方法とおすすめ教材

 

「問題を解いた後に単語を覚える」という学習方法におすすめのテキストは、TOEIC公式問題集です。

 

 

TOEIC公式問題集は、実際にTOEIC試験を制作するチームが作る問題集ですので、問題の質から単語のレベルまで、公開テストと全く同じです。 

 

巷にあふれる問題集や学習教材は、本番では絶対に出題されないような問題や単語が使われていることがよくあるため、このポイントはとても重要です。

 (もちろんモバイックでは、使用する全ての問題が実際の試験に限りなく近いクオリティーで作られています。)

 

 公式問題集の詳細は、おすすめのTOEIC公式問題集【違いを比較&勉強法を伝授】で紹介しています。

 

具体的な単語の学習方法としては、まずはTOEIC公式問題集(またはモバイック模試)を解くことから始めましょう。

 

公式問題集には、2時間の試験が2セット分ありますが、初学者の方は時間通りに全ての問題を解くことは不可能です。
 

したがって、あまり時間を意識せず、とりあえず全ての問題を解くことに集中してみましょう。 

 

しかし、重要なことは、解いて終わりではなく、解いたあとに分からなかった単語を書き出して、意味を確認することです。

これを行うことで、TOEICに出題される単語の中でも分からない単語のみピンポイントで学習することができるため、1ヶ月をより効率的に使えます。

 

モバイックがおすすめする単語学習方法については、単語を覚えてTOEICスコアアップ!今から始められる単語の覚え方をぜひ参考にしてください。

 

また、上記に加え、移動時間のようなスキマ時間に単語アプリを使うこともおすすめです。

おすすめアプリについては、TOEIC単語アプリおすすめをプロが厳選!【無料と有料・使い方も】をご覧ください。

 

 

2. TOEIC600点対策② リスニング対策は音読が最強!

 

TOEICに限らず、英語学習の鉄板はなんといっても音読です。

この音読という学習は、英語特有のリズムや文の構成を掴むことができるので、リスニングはもちろん、リーディング対策にもなります。

 

音読をする際は、ただ書かれていることを何となく読むのではなく、実際の発音や抑揚を真似して、音源を再現するように練習すると良いでしょう。

 

リスニング問題を使った音読は、下記のやり方で行いましょう。

 

STEP 1 問題へのアプローチ

まずは、リスニングセクションの問題を解きましょう。

後から音読をすることが目的ですので、問題の正解不正解よりも、聞き取れなかった部分と聞き取れた部分を把握するつもりで解いてください。

 

STEP 2 スクリプトを見て内容を把握

次に、スクリプトを見て、分からなかった聞き取れなかった部分を理解しましょう。

読んでも理解できない部分は聞き取ることはできません。

しっかりと内容を把握するために、分からない単語や文法をしっかりと確認し、理解しましょう。

 

STEP 3 スクリプトを見ながら、後に続いて音読

スクリプトを理解した後は、再度音源を流し、読み上げられた文を聞いた後、同じペースで音読しましょう。

いきなり上手に読むことは出来ないので、何度も繰り返しこのステップを行うと良いでしょう。

 

STEP 4 同時に音読

最後に、仕上げとして、スクリプトが読み上げられている間に、同じペースで音読しましょう。

 

この4ステップで、実際の英文と同じリズム、ペースで発音することを目指しましょう!

 

音読は地道ですが、必ずリスニングの点数アップにつながります。

「自分が出せる音は聞き取れるようになる」ことを覚えておきましょう。

 

音読の詳細については、TOEICリスニング対策と解答のコツ【音読できる=聞けるの法則とは⁉】を参考にしてください。

 

また、TOEIC公式問題集にはCDが付いていますが、音源がダウンロードできる便利なものもあります。

ダウンロードできる公式問題集や方法については、TOEIC公式問題集の音声ダウンロード手順と習慣化できる勉強法をご覧ください。

 

3. TOEIC600点対策③ 最高のリーディング対策は、目標正答数と解答時間を知ること

 

3-1. TOEICリーディングの目標正答数

TOEIC600点を目指すためには、必要な正答数を知る必要があります。

 

リーディングには3つのPartがあり、合計100問が出題されます。

Part5は30問、Part6は16問、残りの54問がPart7です。

 

まずは、公式問題集で自分の苦手なパートを知りましょう。

TOEIC公式問題集の使い方については、解くだけではもったいない?TOEIC公式問題集の理想的な使い方を参考にしてください。

 

600点を突破するための目標正答数の目安は、

Part5: 20/30問程度 (67%)

Part6: 10/16問程度 (62%)

Part7: 36/54問程度 (67%)

となっています。

 

したがって、60〜70%の正解率を獲得できれば目標クリアとなります。

 

まずは、自分自身の苦手なパートを知り、それから対策を行なっていきましょう。

Part5、6が苦手な場合、または必要な正答数に届かない場合、語彙力と文法が決定的に足りていないことが理由として考えられます。

 

モバイックでは最初に文法の総復習を行いますが、英語の基礎である文法は、繰り返し学習することで確実に身につけることができます。

 

問題の正解、不正解に限らず、

「なぜ正答はこれになるのか」という根拠を言えること

を目標に、繰り返し学習していきましょう。

 

イメージとしては、問題の選択肢が、なぜ正解、または不正解なのか、誰でも分かるように説明できるようにする感じです。

 

文法の勉強法については、TOEIC初心者が英文法で絶対に失敗しない勉強法まとめ【完全保存版】をご覧ください。

 

 

3-2. TOEICリーディングの目標解答時間

リーディングセクションは、受験者が時間配分を行わなければならないため、解答時間を意識することがとても重要になります。

特にPart7については、解答時間が、スコアを左右するもっとも重要な要素となります。

 

Part7には、1つの文書と複数の文書問題があり、それぞれの設問数は下記です。

 

1つの文書:29問

複数の文書:25問

 

目標の解答時間は1問あたり1分で、文書タイプ別の回答時間の目安は、

1つの文書:29分

複数の文書:25分

 とします。

 

この時間で解答できるようになることが、TOEIC600点以上を獲得する大切な条件になります。

 

しかし、1問あたり1分が目安であっても、全ての問題を1分で解かなければならないという訳ではありません。

1分以内で解答できる問題と、時間がかかる問題を知ることで、余裕を持って試験に取り組むことができるようになりますよ。

 

TOEIC600点を取るために必要な正答数や使える時間を知ることで、このような最終的な時間配分に関する判断を受験者が下すことができます。

 

TOEICリーディング対策については、これで迷わない!効果抜群のTOEICリーディング対策と時間配分でも詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください。

 

 

4. まとめ:TOEIC1ヶ月前の心構え

 

最後に、試験前の1ヶ月というのは、最も大切な期間です。

現時点では、目標を達成できそうではなくても、絶対に諦めないでください。

 

1ヶ月間やり抜くことで、確実に成果はあがります。

ぜひ、今回の記事を参考に、後悔のないよう、頑張ってください!

 

1ヶ月ご自身で学習できるか不安な方には、最短最速でTOEIC600点を突破目指すTOEIC対策オンライン講座【モバイック】もおすすめです。

 

まずは1分でできる無料登録をして、TOEIC対策レッスンを体験してみてくださいね。

 

》モバイックの無料体験レッスンはこちら

 

モバイック運営事務局

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
TOEIC試験対策 最短最速650点突破講座バナー