最上級

「Aの人形は、3体の人形の中で一番高価だ」のように、3つ以上の人やものを比較する際に、今回取り上げる最上級を使います。

 

早速例を見てみましょう。

下記は、4人の身長について述べています。

Sota (160cm)  < Akira (165cm)  < Jun (170cm) < Tatsuya (175cm)

ここでは、4人が比較の対象ですが、一番背の高い人はTatsuyaで、一番背の低い人はSotaです。

よって最上級の文章は、下記の様になります。

 

Tatsuya is the tallest. (Tatsuyaは一番背が高いです)

Sota is the shortest. (Sotaは一番背が低いです)

 

比較級(-er)とは異なり、最上級ではthe -estを付けます。

副詞・形容詞の変え方は、比較級の時と同じです。

※こちらの変え方が思い出せない場合、「比較級」の記事をご覧ください。

形容詞・副詞の元の形 最上級
基本 old 語尾にestを付ける oldest
語尾がe nice 語尾にstのみを付ける nicest
語尾が『短母音+子音』 hot 語尾に子音字を重ねてestを付ける hottest
語尾が『子音字+y』 busy yを取り、iestを付ける busiest

 

比較級でmoreを使う際の三つの規則は、最上級にも適応されます。

その場合には、形容詞・副詞の前にmoreではなく、the mostを付けます。

(例:the most interestingやthe most difficult等)

 

また、『~の中で(一番)』という情報を付け足す場合には、最上級の文の後に下記の表現を足します。

(the youngest student) of the four people : 名詞の複数形

⇒ 4人の中で一番(若い生徒)

 

(the most experienced doctor) in the group : 名詞の単数形

⇒ グループの中で一番(経験のある医者)

 

その他の比較

比較には、比較級と最上級以外にも、下記のような方法があります。

3人の身長を見ながら、比較の仕方を見てみましょう。

Sota(1m65)

Yutaka(1m78)

Takuro(1m80)

 

① asas(~と同じくらい~です)

Yutaka is as tall as Takuro.

(YutakaはTakuroと同じくらい背が高いです)

 

② not asas(~程~ではありません)

Sota is not as tall as Yutaka.

(SotaはYutakaほど背が高くありません)

 

不規則変化について

最後に、「不規則変化」というものを見てみましょう。

今まで見て来たように、通常は形容詞や副詞に-erやthe -est、moreやthe mostを付けます。

しかし、単語によっては全く異なる形を取る場合もあります。

下記が代表的な例です。

 

例:

good ⇒ better ⇒ best

little ⇒ less ⇒ least

こういった不規則変化も存在するので、これらは少しずつ覚えていきましょう。

 

比較は使えるととても便利は文法事項なので、まずは今回ご紹介した基礎知識をしっかりと覚えておきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
TOEIC試験対策 最短最速650点突破講座バナー