比較級

「このアイス、スーパーAの方がスーパーBより安かった」のように、2つの人やものを比べることがあると思います。

そのような時に使うのが、今回見ていく比較級です。

下の例を見ながら比較級を確認してみましょう。

 

Sota < Akira

Akiraは背が高く、Sotaは背が低い

これを英文で表すと、Akira is tall. Sota is short.となります。

しかし、これでは別々の事実を述べているだけで、比較にはなっていません。

比較をするためには、「AkiraはSotaより背が高い」、

もしくは「SotaはAkiraより背が低い」ことを述べる必要があります。

これを英語で言うとどうなるでしょうか?

 

Akira is taller than Sota.

(AkiraはSotaより背が高いです)

 

Sota is shorter than Akira.

(SotaはAkiraより背が低いです)

 

『より~です』と言う場合には、下記の通り形容詞・副詞の語尾を変えます。

形容詞・副詞の元の形

(原級)

比較級
基本 small 語尾にerを付ける smaller
語尾がe close 語尾にrのみを付ける closer
語尾が『短母音+子音』 big 語尾に子音字を重ねてerを付ける bigger
語尾が『子音字+y』 easy yを取り、ierを付ける easier

 

しかし、形容詞や副詞が下記の3点に該当する場合、その前にmoreを付けます。(例:more interestingやmore difficult等)

形容詞・副詞の元の形(原級)
① 3音節以上である

(稀に2音節のものも例外としてある)

different, important, interesting
② 語尾が-ed, -ing, -ish, -ful, -less, -ly, -ous skilled, developing, dangerous
③ aで始まる active, amazing, attractive

 

比較対象が既に明確な場合には、『than B』(Bよりも)を省略することも出来ます。

 

また、be動詞の文だけではなく、下記の様に一般動詞の文でも比較級を作ることが出来ます。

 

例: 100メートル走でAkiraが1位、Sotaが3位だったとします。比較すると:

 

Akira runs faster than Sota.

(AkiraはSotaより速く走ります)

 

比較級は形を覚えれば難しくはないので、是非覚えるようにしましょう。

また、比較級に加え、最上級も覚えることで、数にかかわらず、人やものを比較することが可能になります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
TOEIC試験対策 最短最速650点突破講座バナー