シャドーイング

英語学習において、ほぼ全ての人に共通して言えるのが、「スピーキング力」「リスニング力」「語彙力」を上げたいと思っているということです。

 

今回は、英語を話すことを目標としている人に対して特に効果的な「シャドーイング」をご紹介します。

 

シャドーイングをおすすめする大きな理由は、その効果です。

シャドーイングは、下記の向上が期待できます。

 

  • スピーキング力
  • リスニング力
  • 英語の発音
  • 英語のリズムと抑揚
  • 英語特有の音(音の脱落や連結)
  • 英語の速度

 

そして、もう1つおすすめの理由は、シャドーイングは、忙しい人でも隙間時間を使って気軽に行うことが出来る学習法であるという点です。

 

唯一のマイナス点は、声に出して練習することが求められるので(頭の中で行うことも可能ですが効果が減ってしまいます)、外で行うのが難しいということです。

 

それでは、このシャドーイングのやり方を見ていきましょう。

 

準備するもの

  1. 英語のスクリプト
  2. スクリプトの音源

※英語初級者は、スクリプトの英訳があると理想的です。

スクリプトは会話でも、1人の人が話しているモノローグ(プレゼンテーションや館内アナウンス等)でも問題ありません。

TOEICの公式問題集のPart3やPart4はおすすめです。

 

シャドーイングのステップ

  1. 事前に利用するスクリプトを読み、分からない単語の意味を調べる等して、内容を理解する。
  2. 内容を理解したらスクリプトを伏せる。
  3. 何も見ずに音声を流し、聞こえた単語を瞬時に声に出して言う。
  4. 音源が終わるまで、影(シャドー)のように付いていく。
  5. これを決めた回数(例:5回)、または決めた時間内で繰り返し行う。その際、出来るだけ抑揚や音をそっくりそのまま真似して話すようにする。
  6. 同じスクリプトを、自然と暗記して音源と同時に言えてしまうくらいまで繰り返し練習する。

 

これらのステップを繰り返して練習することで、英語を話す、聞くという力が強化されます。

 

シャドーイングは、頼るものが耳しかないので、強制的に集中して英語を聞くという状況を作り出すことが出来ます。

教材を見ながらリスニング対策を行うと、目で文字を読んで情報を取り入れてしまっていたり、声に出さないとBGMのように聞き流してしまうことがあります。

しかし、シャドーイングは、しっかりと情報を聞き取り、声に出して言う必要があるため、リスニング力向上にとても効果的です。

 

また、音読学習に組み込むことも可能ですので、是非他の学習方法とも組み合わせて、自分に合った勉強の習慣を見つけてみましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
TOEIC試験対策 最短最速650点突破講座バナー