How/Whatを覚えるだけ、「なんて簡単なんだ!」感嘆文を徹底マスター

感嘆文は驚き、悲しみ、喜びなどを伝える英語特有の表現の1つ。

今回はそんな感嘆文を簡単に、分かりやすく解説していきます。

 

 

====記事の内容====
1. 感嘆文は簡単文?まずは本質を理解しよう
2. これさえ覚えれば大丈夫、感嘆文の2つのカタチ
3. HowとWhatの書き換えをマスター
4. 感嘆文の省略形
================

 

 


1. 感嘆文は簡単文?まずは本質を理解しよう

 

感嘆文は驚き、悲しみ、喜びなどを伝える英語特有の表現の1つです。

日本語では、「すごい!」と言うだけで、十分に気持ちを伝えることができますが、

 

英語では、「どれほど凄いのか言えないほどだよ!」という大げさな表現で気持ちを伝えます。

 

基本的な感嘆文の形は、

 

文頭にはWhatもしくはHowをつけて、文末には「!」をつける

 

となります。

 

 


2. これさえ覚えれば大丈夫、感嘆文の2つのカタチ

 

感嘆文には2つの基本形があります。

 

 

「How+形容詞(副詞)+SV!」

「What+(a/an)+形容詞+名詞+SV!」

 

 

疑問詞How/Whatの後に続く形に違いがありますね。

疑問詞の後に名詞が入るか入らないかという違いです。

 

例文を少し確認していきましょう。

 

Howを用いた感嘆文

He speaks English very well

He speaks English how well

How well he speaks English!

 

 

平叙文を感嘆文にする場合、まずはveryを疑問詞に置き換えます。
ここでは、howに置き換えますね。

次に、疑問詞+形容詞(副詞)を文頭に持っていきます。
最後に文末に「!」をつけて完成となります。

 

 

Whatを用いた感嘆文

He is a very nice guy

He is a what nice guy

What a nice guy he is.

 

 

Whatを用いた感嘆文でも、同様にveryを疑問詞に置き換えます。

次に、what+(a/an)+形容詞+名詞を文頭に持っていきます。

ここでは、What a nice guyが文頭になりますね。

最後に、「!」を文末につけて完成。

 

 

簡単ですね。

もう一度繰り返しますが、2つの感嘆文のポイントは、名詞が入るか入らないか

 

名詞が入る場合はWhat、

名詞が入らない場合はHow

 

を用いた感嘆文となります。

 

 


3. HowとWhatの書き換えをマスター

 

HowとWhatの感嘆文はそれぞれの形に書き換えることができます。

ではHowからWhatへの書き換えの手順を見ていきましょう。

 

 

How well he swims!

He swims very well.

 

まずは平叙文に書き換えてみましょう。
Veryは疑問詞Howに置き換えていましたので、元に戻します。

 

 

He swims very well.

He is a very good swimmer.

 

 

次にWhatの感嘆文は「形容詞+名詞」の形にしなければならないので、

「彼は上手に泳ぐ」を「彼は良いスイマーです」という形に書き換えます。

 

 

He is a very good swimmer.

He is a what good swimmer.

What a very good swimmer he is!

 

 

最後に平叙文を感嘆文にしていきます。

Veryを疑問詞Whatに置き換え、What+(a/an)+形容詞+名詞を文頭につけ、文末は「!」でしたね。

 

 


4. 感嘆文の省略形

 

感嘆文はSVの部分が省略される場合があります。

 

 

How wonderful ( it is ) !

What a good swimmer ( he is ) !

 

会話などで、主語や動詞が分かりきっている場合、英語はくどい表現を嫌うため、主語動詞を省略する場合があります。

 

省略形で使われる感嘆文をまとめておきましょう。

 

 

What a surprise!
「ああ、びっくりした!」

 

What a shame!
「なんと残念なことだろう」

 

How rude!
「なんと失礼な!」

 

How nice!
「なんと素敵な!」

 

 

感嘆文のポイント、マスターできましたか?

 

感嘆文の2つの基本形

 

How + 形容詞(副詞) + SV !

What + (a/an) + 形容詞 + 名詞 + SV !

 

 

 

2つの感嘆文の見分け方は、

疑問詞の後に名詞が入るか入らないか

 

でしたね。

しっかりと確認しておきましょう。

コメントを残す