【速報】TOEIC形式リニューアル 2016年5月から、新形式を発表

2016円5月、TOEICの問題形式がリニューアルされることとなりました。

主な変更点

<リスニングセクションの変更点>

・写真描写問題と応答問題の設問数が減ります。
・会話問題の設問数が増えます。
・会話問題の中に、発言が短くやり取りの多いものが加わります。
・3名で会話する設問があります。
・Elisions(省略形: going toが gonnaなど)、 Fragments(文の一部分: Yes, in a minute; Down the hall; Could you?など)を含む会話が流れます。
・会話やトークの中で聞いたことと、問題用紙に印刷された図などで見た情報を関連づけて解答する設問が加わります。
・会話やトークの中で話し手が暗示している意図を問う設問が加わります。

<リーディングセクションの変更点>

・短文穴埋め問題の設問数が減ります。
・長文穴埋め問題の一つの文章に含まれる設問が 4問になり、従来の単語や句に加え、一つの文を空欄に埋める設問が加わります。
・テキストメッセージやインスタントメッセージ(チャット)、オンラインチャット形式で複数名がやり取りを行う設問が加わります。
・読解問題で 3つの関連する文書を読んで理解する設問が加わります。
・読解問題の設問数(1つの文書、複数の文書)が増えます。

※公式認定証のリスニングのAbilities Measured(項目別正答率)に、「フレーズや文から、話し手の目的や暗示されている意味が理解できる」という項目が新たに追加されます。

2016年5月以降もTOEIC(IP)では旧形式での試験が行われますが、2017年5月以降では、新形式に完全移行しています。
新形式は難化が予想されているため、完全以降の前にモバイックで早めのスコアアップを目指しましょう!!

1 Comment

  1. 2017年5月以降では、新形式に完全以降しています。

    2017年5月以降では、新形式に完全移行しています。

コメントを残す