TEOIC受験に必要な持ち物

今回はTOEIC受験の際に必要な持ち物について、確認していきましょう。

 

見落としがちな注意事項や準備について知っておくことで、余裕を持って試験に臨むことができますよ!

 

 

受験票Aには公開テストの「持ち物」が記載されています。

 

 

①受験票
②写真付きの本人確認書類(有効期限内のもの)
③筆記用具
④腕時計

 

 

このうち、「受験票」と「写真付きの本人確認書類」については、

受付の時、及び受験票Bの回収の際に所持していることが確認されますので、必須の持ち物です。

 

逆に言えば、この2つを持っていかないと受験することは出来ません。

 

ボクはこれまで、この2つを忘れたことはありませんが、忘れて受験できなかった、

あるいは、あるいは家に取りに帰って焦ってしまい、実力を発揮できなかったという方が意外といらっしゃるようです。

 

人間誰しもミスをするので、完全に防ぐことは出来ませんが、ミスを少なくする工夫はあります。

 

それは予め予備を用意しておくことです。

 

「受験票」の予備は用意できませんが、「写真付きの本人確認書類」は用意することはさほど難しいことではありません。

 

運転免許証、パスポート、(写真付きの)社員証などの中から必ず2つを持っていくことを自分のルールにするのです。

 

うっかり有効期限が切れていたとしても、2つの本人確認書類を常に持っていれば、どちらかは有効である可能性が高いでしょう。

 

 

筆記用具は、仮に忘れたとしても、会場近くのコンビニで鉛筆と消しゴムを買うことはできるでしょうし、

 

係員の人に頼めば貸してもくれるようです。

 

でも、そうした対応をすることで焦りが生じますし、使い慣れた筆記用具を使えないことで、

 

普段の実力が発揮できなくなるのではないでしょうか。

 

それを防ぐためには、筆記用具のセットを2セット持っていくことを自分のルールにすることをお勧めします。

 

意外な盲点なのが「腕時計」です。腕時計は無くても受験可能ですが、

 

よっぽどの上級者でない限り、リーディング・パートの時間管理のために、腕時計は必須です。

 

腕時計も2つ持っていくことをお勧めします。テスト中に電池が切れて動かなくなるかもしれません。

 

今までテスト中に電池が切れたことは無かったかもしれませんが、それはたまたまです。

 

ソーラー電池付きの腕時計であったとしても、テスト中に止まらないという保障はありません。

 

TOEICはメンタル面が及ぼす影響が非常に大きいテストです。

 

想定外のトラブルが起こったのであれば仕方がないですが、想定できるトラブルが仮に起こったとしても、

 

冷静に対処できるよう準備をして臨みたいものです。

 

ヒロ前田

コメントを残す