語注にご注意!

以前、「時短特急」という本を出した時に、

「この本には敢えて語注を入れていません。その方が学習者のためになるからです。語注を必要とする方はそもそも英語学習には向いていません」

と書きました。
様々な反響がありましたが、今でもボクの考えは全く変わっていません。

 

一方で、どうしても語注は入れて欲しいという出版社(編集者、営業)が多いのも事実で、その後、ボクの出版するほとんどの本には語注を入れています。

 

さて、語注が正式な呼び名なのかどうかは定かではありませんが、ここでは、TOEICの模試などの解説に書かれている、単語の「訳語」のことだとします。
「意味」ではなく、「訳語」と書いたのは、語注欄には意味は書けないからです。

 

【語注】:viable 実行可能な

 

例えば、こんな語注があったとします。
「実行可能な」というのは、viableという英単語の訳語であり意味ではありません。

訳語とは、viableの意味の一部を敢えて日本語に簡潔に置き換えたものです。

 

人によっては、訳語から意味を推測して理解出来る人もいるでしょう。でも、ほとんどの学習者は訳語を訳語としてしか認識できず、人によってはそもそも訳語の意味も怪しいかもしれません。

 

特にこの「実行可能な」という訳語は微妙です。分かったようで、実はよく分からない日本語です。

 


さっそく、語注を使わずに学習してみましょう!

 

では、どうするかと言うと辞書を引いて、自分で意味を理解しようと努めることです。英英辞典が良いと言われていますが、英和辞典でも構わないでしょう。

今は、オンラインでも良い辞書があります。「英辞朗」というオンラインの辞書で引いてみると、意味と共に様々な用例が一覧で出てきます。

 

viable approach, viable idea, viable option, viable plan, viable solution

 

これを眺めているだけで、viableの意味が自分なりに理解できてきます。
もちろん、いきなり英英辞典で調べてもかまいません。

LONGMANを引いてみます。

 

a viable idea, plan, or method can work successfully

 

“can work successfully”で、viableの意味がかなりすっきりと分かってきます。TOEIC学習者にはシソーラス辞典もお勧めです。
「Longman Activator Thesaurus」で引いてみると、似たような意味を持つ単語の繋がりが分かります。

 

possible - viable

              - feasible

               - workable

 

これを見ると、viableの上位には、馴染みのあるpossibleがあるので、viableのおおよその意味が分かると思います。更にfeasibleを既に知っている人にとっては、viableはその仲間であると気づけば理解は早いでしょう。

TOEICでは上位語や、パラフレーズがテスティングポイントになります。
是非一度、シソーラス辞典をお試しください。

 

ヒロ前田

コメントを残す