鉄板ストーリー リスニング編 その2

TOEIC試験では、頻出するストーリーを覚えておくことで、
リスニングの流れが予想できるため非常に有効です。

そんなTOEIC国でよく起こるストーリーを把握するシリーズ(リスニング編)の第2弾。

今回は、”在庫確認”についてです。

パート3では「在庫確認」も頻出するトピックです。

以下、書店での会話例をみていきましょう。

客「『グプタの秘密』を探しているのですが、どこにありますか」

店員「申し訳ありませんが、調べたところ当店に在庫がありません」

このように、TOEIC国では、在庫があることは残念ながらほとんどありません。

ですが、「取り寄せましょうか」「他店舗には在庫があります」のように店員が代案を提示してくれます。

それに応じて「取り寄せてください」「他店に自分で行きます」などと話が続きます。

「届き次第お知らせします。配送料がかかりますがご自宅に送ることもできますよ」
とさらに店員から丁寧な案内があることもあります。

取り寄せも不可能な場合には、同じ著者の別の本を薦められるかもしれません。

衣服店でも希望商品の在庫を見つけることはほぼ不可能でしょう。

ただし、色違いやサイズ違いであれば在庫がある可能性は高いです。

あるいは倉庫に在庫があり取り寄せてくれることも考えられます。

では、なぜいつも在庫がないのでしょうか。

TOEIC国の景気は良く、そのため常に売り切れ状態が続いているのでしょうか。

確かに昇進の話や売上増によるボーナス支給の話、

企業の海外進出の予定など景気の良い話は多いですが、

在庫がない理由はほかにあります。

それは、「何かトラブルが起きなければ、会話が長く続かないから」です。

在庫がある場合の会話を想像してみましょう。

店員「いらっしゃいませ。1点で1,008円です」
客 「1万円札でもいいですか」
店員「はい、大丈夫です。ありがとうございました」
客 「どうも」

以上。この2人はこれ以上話す必要がありません。

現実世界では普通の会話ですが、テストに出題される会話がこれで終わってしまうと、

3つも設問を作ることができません。

それに、「いらっしゃいませ」が聞こえた時点でストーリーが簡単に予測できてしまいます。

一方、客が求める商品の在庫がなければ、冒頭に書いたように会話は「長く、深く」なります。

そして、「何について話をしていますか」「問題は何ですか」「女性は何を勧めていますか」「男性は何をしますか」といった、

様々な設問を作ることができるのです。

これが、TOEIC国に在庫がない理由です。

 

 

ヒロ前田

コメントを残す