TOEICで結果が出る!Part5頻出パターン② 品詞問題 解き方のコツ【練習問題付き】

この記事は5分で読めます。

 

TOEIC Part5の品詞問題についてまとめてみました!

・TOEICで結果が出なかった
・Part5の品詞問題を時間かけずに解くコツを知りたい
・Part5品詞問題についてもっと知りたい

という方に特に参考にしていただきたいです。

 

他のPart5頻出問題パターン関連記事の更新情報は、TOEIC満点講師みやぞののTwitterで確認できます!

 

品詞問題は、基礎文法の知識を持っている人には点数が取り易い問題なんです。

文法を理解することで、機械的に素早く問題が解けて、リーディングセクションの解答時間短縮になります!

 

文法に自信がない方には、TOEICで必要な文法を学べるおすすめ参考書をTOEIC初心者におすすめの参考書と活用方法【単語・文法・TOEIC対策】で紹介しています。

 

記事の内容

1. TOEIC Part5 品詞問題 例題①
2. TOEIC Part5 品詞問題 例題① 答えと解説
3. TOEIC Part5 品詞問題 例題②
4. TOEIC Part5 品詞問題 例題② 答えと解説
5. TOEIC Part5は品詞問題で結果を出す!

 

それでは、品詞の練習問題を解いてみましょう!

「問題」→「解説」→「回答」の順番で進めていきます。

 

1. TOEIC Part5 品詞問題 例題①

語尾(品詞)が異なる単語が選択肢に並んでいるのが品詞問題の目印です。

下に並んでいる選択肢のように、見た目が似ている4つの単語の中から、空欄に入るものを選びます。

The facility will ——- be open to the employees in December, after ten months of extensive renovation work.

A. finally
B. final
C. finalize
D. finals

モバイックより引用)

 

2. TOEIC Part5 品詞問題 例題① 答えと解説

この品詞問題では、final系の単語が選択肢に並んでいますね。

品詞問題は、選択肢を見て品詞問題であることを確認した後、「空欄の前後を確認する」方法で解きましょう!

 

ステップ1:空欄の前後を確認し、空欄に入る品詞を確認する

この問題では、空欄の前は太字の助動詞will、空欄後は動詞beですね。

The facility will ——- be open to the employees in December, after ten months of extensive renovation work.

 

この2つの間に入ることができる品詞は、副詞のみなんです。

 

ステップ2:選択肢を確認する

よって、空欄に入る単語が「副詞」と分かったら選択肢を確認して副詞を探しましょう。

A. finally
B. final
C. finalize
D. finals

パッと見て、どれが形容詞・副詞か分かりますか?

 

単語の意味が分からない場合でも、語尾を見れば、その単語の品詞を推測できることがあります。

見分け方は、TOEIC対策オンライン学習プログラム【モバイック】で紹介しているので、「分からない!」という方はぜひお試しください。

気軽に体験できる無料体験もありますよ。

 

この例題の選択肢の中で副詞は1つだけなので、正解はA. finallyになります。

 

ここで例題の日本語訳も確認してみましょう。

The facility will finally be open to the employees in December, after ten months of extensive renovation work.

その施設は、10カ月にわたる大規模な改装工事の後、12月についに従業員に公開される。

 

このように品詞問題では、空欄の前後のみを確認すれば機械的に解けるものが多いです。

 

文法を理解していれば、品詞問題は文の意味が理解できなくても問題を解くことは可能です。

また、英語を学ぶ上で良いかどうかは別として、選択肢の単語の意味が分からなくても正解の選択肢を選ぶこともできてしまいます。

 

ただ、品詞問題を解くうえで、どの単語の前後にはどの品詞が入る、という基礎的な文法知識がなければ、瞬時に品詞問題を解くことはできないことは覚えておきましょう!

 

他にも、品詞問題では、選択肢の単語の意味が分からない場合でも、語尾を見ることで品詞を見分けることができてしまったりします。

代表的な語尾のルールに、「形容詞にlyを付けると副詞」「副詞からlyを取ると形容詞」というものがあります。

 

このような基礎文法や語尾についても、TOEIC対策オンライン学習プログラム【モバイック】では、具体的な例を見たり、練習問題を解きながら習得できてしまいます!

メールアドレスだけで気軽に試せる無料体験もあるので、ぜひ試してみてくださいね。

 

では、これらのポイントをふまえて、もう1つ品詞問題に挑戦してみましょう。

 

3. TOEIC Part5 品詞問題 例題②

2つ目の問題は、last系の単語が並ぶ品詞問題です。

先ほどの2つのステップを思い出しながら解いてみましょう!

The decrease in profits ——- quarter was less than the management team expected.

A. last
B. lastly
C. lasted
D. lasting

モバイックより引用)

 

4. TOEIC Part5 品詞問題 例題② 答えと解説

last系単語が選択肢に並ぶ品詞問題ですが、空欄の前後を確認して解いてみてください。

 

ステップ1:空欄の前後を確認し、空欄に入る品詞を確認する

The decrease in profits ——- quarter…

空欄の前後を見てみると、前はprofits(利益)、空欄の後はquarter(四半期)という名詞ですよね。

 

名詞の前に入る品詞は何だったか覚えていますか?

 

そう、形容詞ですね。

よって、選択肢の中から、形容詞を探します。

 

ステップ2:選択肢を確認する

A. last(形容詞; この前の)

B. lastly(副詞: 最後に)

C. lasted(動詞の過去形: 続いた)

D. lasting(形容詞: 永続的な)

 

選択肢に形容詞が2つありますね。

形容詞であるAとDのどちらが空欄に当てはまるかを確認する必要があります。

 

ちなみにD.のlastingは、現在分詞の形容詞的用法なので、「形容詞」としています。

また、「動詞じゃないの?」と思う人もいると思いますが、進行形の-ingとして使う場合には、前にbe動詞がある場合となります。

このような品詞の違いもモバイックで学ぶことができますよ!

 

Aを空欄に入れると、The decrease in profits last quarter (前四半期の利益の減少)と意味が通るため、A. lastが正解です。

 

最後に例題の日本語訳を確認しておきましょう。

The decrease in profits last quarter was less than the management team expected.

前四半期の利益減は、経営陣の予想を下回った。

 

品詞問題は、空欄の前後を確認して解くという点をしっかり覚えておきましょうね。

 

5. Part5は品詞問題でスコアアップ

品詞問題を瞬時に解くことによって、Part7に使う時間を増やすことができるようになります。

基礎文法の見直しをすれば、品詞問題を機械的に解きTOEICのスコアアップにつながります!

文法に不安のある方は、文法の確認と練習問題を解くことが効果的ですよ。

 

モバイックでは、Part5の品詞問題を解くだけでなく、Part5に必要な文法も同時に確認することが可能です。

今回ご紹介したコツも更に詳しく説明しているので、TOEICで結果が出ない…と悩んでいる方は試してみてくださいね。

 

メールアドレスのみで無料体験【650点突破コース】ができるので、是非お試しください!

 

Part5を強化して、TOEICの結果につなげましょう!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
TOEIC試験対策 最短最速650点突破講座バナー