鉄板ストーリー リーディング編 その2

TOEIC試験では、頻出するストーリーを知っておくことで、ストーリーの流れが予想できるため非常に有効です。

そんな「TOEIC国」の特徴的なストーリーを集めた「鉄板ストーリー」シリーズ。

連載2回目の今回は、非常に景気が良い「TOEIC国」の募集、採用について見ていきましょう!

採用募集 = 展開や内容を予測しやすい文書

 

非常に景気が良いことも「TOEIC国」の特徴の一つです。

 

海外進出を計画している企業、新規プロジェクトを抱えて人手不足に悩んでいる企業が多く、求人募集が常に行われています。

 

求人広告の内容は、TOEIC国ならではの形式は特に存在せず、現実世界のものと変わりありません。

 

募集している職種や会社の紹介から始まり、

 

応募資格や条件 → 仕事内容の詳細 → 応募方法の記載

 

で終わるのがお決まりのパターンです。

 

募集職種は様々でも、このパターンは定番。

 

テレビアニメで例えるなら「ドラえもん」タイプと言えます。

 

のび太がジャイアンにいじめられて、ドラえもんに泣きつく。

ドラえもんが道具を出してのび太を助ける。

調子に乗りすぎたのび太に最後にツケが回ってきて終わる

 

という全体の話の流れが決まっているように、応募広告の流れも決まっています。

 

つまり、TOEICの問題を解くという視点から考えると、展開や内容を予測しやすい文書と言えます。

 


2つの応募資格

 

中でも注意ポイントは、応募資格の中には、

 

「絶対条件(ある資格なり、経験なりを持っている人であることが前提)」と、
持っていれば「なおヨシ」という2種類の異なる条件が提示されているということです。

 

絶対条件を持っていなければ応募資格がない。

しかし「なおヨシ」という条件は、持っていなくても応募することはできるということです。

 

応募方法の特徴としては、résumé(履歴書)の提出を求められていることが多いです。

 

イギリス式のCV(Curriculum Vitae)は滅多にお目にかかることはありません。

 

このほかに、reference letter(推薦状)の添付や、グラフィックデザイナーなどの職種ではportfolio(過去の作品集)の提出を求められることもあります。

 

ちなみに、グラフィックデザイナーは「TOEIC国でトップ5に入るのでは?」と思われるほど人気職種の一つです。

 


TOEIC国の住民は自信満々!?

 

Part7の「ダブルパッセージ」(2つの文書)にこの求人広告が登場する時には、セットで「応募メール」が添えられている可能性が高いです。

 

この求人広告を見た応募者が送ったメールです。

 

残念ながら、こちらのメールについては「定番」はありません。

応募する人の経歴は様々だからです。

 

一つ注目すべき面白い点を挙げるとすれば、応募に関する「絶対条件」を満たしていないのに、平気で応募する人が珍しくないということです。

 

TOEIC国では、自分に対して自信を持っている人がとても多いようですね。笑

 

 

執筆:ヒロ前田

コメントを残す