TOEICリーディング練習問題【Part5-7まで完全網羅】

TOEIC対策のためにリーディング問題を解きたいけど、手軽な練習問題がなかなかない・・・と困っていませんか?

 

無料でオンラインで解けるリーディング問題もありますが、解説があまり丁寧ではないものや、TOEICには出てこない文法項目や単語を含む問題を提供している場合もあるので、注意が必要です。

 

TOEIC対策のためには、TOEICを知り尽くしたプロが作成した、本番に近くて質の良い練習問題を解くこと、そして解説を読んで理解を深め、文法や語彙の知識を増やすことが大切です。

 

この記事では、TOEIC Part5,6,7の練習問題を解き、解答後は TOEIC985点の筆者の解説を読んで、理解を深めることができます。

Part7についてはシングルパッセージの問題をご紹介しますが、マルチパッセージの問題を解くことができる記事もあわせてご案内いたします。

 

練習問題は全てモバイックから引用しています。

モバイックの問題は、TOEIC対策参考書の著者であるヒロ前田氏を始めとするTOEICを知り尽くした講師陣が作成したものなので、その質はしっかり保証されています。(問題を作成した講師陣については、こちらをご覧ください。)

 

この記事の内容

1. TOEICリーディング練習問題:Part5

2. TOEICリーディング練習問題:Part6

3. TOEICリーディング練習問題:Part7

4. TOEICリーディング問題攻略の3つのポイント

5. TOEICリーディング問題を攻略して、スコアアップ!

 

1. TOEICリーディング練習問題:Part5

まずはTOEIC Part5の練習問題3問に挑戦しましょう!

 

1-1. TOEIC Part5の練習問題に挑戦!

 

TOEIC Part5練習問題①

The board of directors has not yet reviewed the proposal to ——- their business internationally.

 

(A) expansion

(B) expanding

(C) expand

(D) expanded

 

 

TOEIC Part5練習問題②

According to the updated schedule, Dr. Yang is going to give ——- speech to the new employees.

 

(A) he

(B) his

(C) himself

(D) him

 

 

TOEIC Part5練習問題③

Shanahan Roland, spokesperson for CDN Manufacturing, was willing to ——- about the recent accident during the interview.

 

(A) explain

(B) talk

(C) announce

(D) discuss

 

(全てモバイックより引用)

 

1-2. TOEIC Part5の練習問題の解説

 

【Part5練習問題① 解説】

The board of directors has not yet reviewed the proposal to ——- their business internationally.

 

(A) expansion 名詞

(B) expanding 現在分詞、動名詞

(C) expand 動詞(原形、現在形)

(D) expanded 動詞(過去形、過去分詞形)

 

選択肢にexpand系の単語が並んでいるので、品詞・動詞の形を問う問題です。

空欄の前がtoなので、「to+動詞の原形」でto不定詞の形になるのでは?と予測できます。

選択肢の中の動詞の原形は、(C) expandなので、空欄に入れてみます。

 

The board of directors has not yet reviewed the proposal to expand their business internationally.

訳)取締役会は国際的にビジネスを拡大するための提案書をまだ検討していない。

 

文意が成り立つので、正解は(C) expandです。

 

このように、toの後には動詞の原形が続くことが多いですが、look forward to ~ing(〜することを楽しみにする)やbe committed to ~ing(〜することに全力で取り組んでいる)等のフレーズではtoの後に動名詞が続くので、注意が必要です。

 

【Part5練習問題② 解説】

According to the updated schedule, Dr. Yang is going to give ——- speech to the new employees on April 10.

 

(A) he

(B) his

(C) himself

(D) him

 

選択肢に代名詞が並んでいる代名詞問題です。

空欄の前後を確認すると、前は動詞give、後は名詞speechです。

動詞giveの後には「(与える)モノ」が続くため、空欄に(B) hisを入れると、give his speech「スピーチをする」となり、意味が通ります。

 

According to the updated schedule, Dr. Yang is going to give his speech to the new employees on April 10.

訳)最新のスケジュールによれば、ヤンさんは4月10日に新入社員に対してスピーチをする予定です。

 

【Part5練習問題③ 解説】

Shanahan Roland, spokesperson for CDN Manufacturing, was willing to ——- about the recent accident during the interview.

 

(A) explain (他動詞:説明する)

(B) talk (自動詞:話す)

(C) announce (他動詞:発表する)

(D) discuss (他動詞:議論する)

 

選択肢に動詞が並んでいる語彙問題です。

語彙問題では、問題文の意味を確認しながら解くのがおすすめです。

 

文を確認すると、

Shanahan Roland = 主語、

, spokesperson for CDN Manufacturing, = 主語の補足説明、

was willing to —– = 動詞の部分に空欄があります。

 

空欄後は、前置詞aboutを含む補足情報が続いています。

 

前置詞を伴う動詞は自動詞です。

選択肢の中で自動詞は(B) talkだけなので、これが正解です。

 

Shanahan Roland, spokesperson for CDN Manufacturing, was willing to talk about the recent accident during the interview.

訳)CDNマニュファクチャリング社の広報担当者シャナハン・ローランドさんは、インタビューの間に最近の事故について話すつもりでした。

 

 

自動詞と他動詞については、モバイックの無料体験レッスン内で詳しく説明しています。

こちらから無料登録を行えば、体験レッスンを受講することができますよ。

 

1-3. TOEIC Part5の解答のコツとおすすめ勉強法

Part5の練習問題はいかがでしたか?

 

これ以外にも、TOEIC Part5 練習問題【5つの頻出パターン+解説付き】ではPart5の練習問題をパターンごとに紹介しているので、ぜひ挑戦してみてくださいね。

 

TOEIC Part5では、問題パターンごとの解答テクニックを習得することがおすすめです。

Part5にはどのような問題パターンがあるのか、そしてどのようなコツを覚えればPart5をスムーズに解くことができるのかについては、TOEIC Part5 対策!短文穴埋め問題の攻略法を解説を参考にしてください。

 

そして、Part5の多くは文法問題です。

文法の知識はPart5だけでなく、TOEICリーディング全体の対策としてもとても重要です。

 

TOEIC対策のための英文法の勉強法については、TOEIC初心者が英文法で絶対に失敗しない勉強法まとめ【完全保存版】で詳しくお伝えしています。

合わせて参考にしてください。

 

 

2. TOEICリーディング練習問題:Part6

次にTOEIC Part6の練習問題に挑戦しましょう!

 

2-1. TOEIC Part6の練習問題に挑戦!

 

Questions 1-3 refer to the following memo.

 

1.

(A) has been holding

(B) will hold

(C) was held

(D) will be held

 

2.

(A) mandatory

(B) innovative

(C) spacious

(D) careful

 

3.

(A) attending

(B) attendee

(C) to attend

(D) attendance

 

モバイックより引用)

 

2-2. TOEIC Part6の練習問題の解説

【TOEIC Part6練習問題 設問1  解説】

(A) has been holding

(B) will hold

(C) was held

(D) will be held

 

選択肢を見ると、動詞hold系の言葉の組み合わせが並んでいます。

空欄に入るのは現在完了進行形・未来形・過去形のうちどれなのか、または受動態なのか能動態なのかを見極める必要がありますね。

 

空欄の前を確認すると、主語はA briefing session(報告会)とモノなので、動作を受ける受動態が空欄に入ることが分かります。

選択肢の中で受動態は(C) was heldと (D) will be heldです。

 

空欄のある文だけを見ても過去形と未来形のどちらを選ぶべきか分からないので、一つ前の文を見てみます。

The updated plan will take effect staring on January 1 next year.とあるので、来年の1月と今後適用される新しいプランがあり、それに関する報告会を10月8日に行うということが分かります。

よって、空欄に入るのは未来形の(D) will be heldです。

 

A briefing session will be held at 9:00 A.M. on October 8 to explain these changes.

訳)この変更について説明するため、10月8日午前9時より、報告会が行われます。

 

【TOEIC Part6練習問題 設問2 解説】

(A) mandatory(強制の)

(B) innovative(革新的な)

(C) spacious(広々とした)

(D) careful(注意深い)

 

選択肢に意味の違う形容詞が並んでいる語彙問題です。

どの選択肢を空欄に入れると、意味が伝わる文になるかを考えましょう。

 

「新しいプランはすべての新入社員に〇〇です。」

〇〇に各選択肢を入れてみると、一番当てはまるのは(A) mandatoryなので、これが正解です。

 

The new plan will be mandatory for all new employees.

訳)新しいプランには、全ての新入社員が強制的に加入します。

 

【TOEIC Part6練習問題 設問3 解説】

(A) attending

(B) attendee

(C) to attend

(D) attendance

 

選択肢にattend系の言葉が並んでいる品詞問題です。

空欄のある文を見ると、動詞はencourageでその後に目的語であるeveryoneが続いています。

「encourage 人 to 動詞の原形」というフレーズが使われているので、空欄に入るのはto+動詞の原形である(C) to attendであることが分かります。

 

We encourage everyone to attend the briefing, which will give you all the information you need to choose the right plan.

訳)正しいプランを選ぶための情報を提供する報告会に全員が出席するよう推奨します。

 

【TOEIC Part6練習問題 全訳】

宛先: 全従業員

送信者: Ursula Forsberg, 人事部長

 

重要: 会社の年金制度変更

 

従業員年金制度の大幅な変更を実施します。変更したプランは来年1月1日より適用されます。この変更について説明するため、10月8日午前9時より、報告会が行われます。

 

新しいプランには、全ての新入社員が強制的に加入します。ただし、現社員においては現在のプランをそのまま継続する選択肢もあります。

 

正しいプランを選ぶための情報を提供する報告会に全員が出席するよう推奨します。質問がある場合は、人事部にご連絡ください。

 

2-3. TOEIC Part6の解答のコツとおすすめ勉強法

TOEICリーディングセクションの中では問題数が少ないPart6ですが、効率良く問題を解いてしっかり点数を稼いでいきたいPartです。

 

そのためには、問題パターンに合わせた解答方法を知り、使いこなせるように練習することが必要です。

 

TOEIC Part6には、下記の3種類の問題パターンが出題されます。

・Part5型の問題

・文挿入問題

・Part6型の問題

 

各問題パターンの解き方のコツについては、TOEIC Part6が苦手な人必見!プロが実践する解き方のコツで詳しく解説しています。

ぜひ参考にしてください。

 

また、さらにPart6の練習問題を解きたいという方は、TOEIC Part6 練習問題!【解答のコツ・詳細解説付き】をご覧ください。

 

 

3. TOEICリーディング練習問題:Part7

次にTOEIC Part7の練習問題に挑戦しましょう!

 

3-1. TOEIC Part7の練習問題に挑戦!

 

1. How much does one pack of Millman business-size envelopes cost?

(A) $3.99

(B) $4.99

(C) $5.99

(D) $6.99

 

2. What is indicated about Neuman Accounting Services?

(A) It placed an order on October 3.

(B) It requested 10 boxes of ballpoint pens.

(C) It is located in Green Bay.

(D) It received a $120.79 refund.

 

モバイックより引用)

 

3-2. TOEIC Part7の練習問題の解説

【TOEIC Part7練習問題 設問2 解説】

1. How much does one pack of Millman business-size envelopes cost?

(A) $3.99

(B) $4.99

(C) $5.99

(D) $6.99

 

まずは設問を読み、Millman business-size envelopesの値段について問われていることから、値段の情報が載っていそうな表を見ます。

表の3行目の項目がMillman business-size envelopes (pack of 50)で、左から3列目のPrice per Unitが$4.99であることから、正解は(B) $4.99です。

 

 

【TOEIC Part7練習問題 設問2 解説】

2. What is indicated about Neuman Accounting Services?

(A) It placed an order on October 3.

(B) It requested 10 boxes of ballpoint pens.

(C) It is located in Green Bay.

(D) It received a $120.79 refund.

 

まず設問を見ると、Neuman Accounting Servicesというキーワードが目に止まります。

そこで文書中にあるキーワードを探すと、Customer: Neuman Accounting Serviceという宛名があり、顧客向けの請求書であることが分かります。

 

次に選択肢を一つずつ確認しながら、正解を探します。

 

(A) It placed an order on October 3.

訳)10月3日に注文した。

 

文書には、Order Date: October 2と記載されており、注文日は10月2日なので、選択肢(A)の情報は間違っているため不正解です。

Shipping Date: October 3という記載もあるので紛らわしいですが、注文日と発送日の違いをしっかり見分けるようにしましょう。

 

 

(B) It requested 10 boxes of ballpoint pens.

訳)ボールペンを10箱注文した。

 

表を確認すると、ボールペンの注文数は5箱なので、(B)の情報は間違っており、不正解です。

 

(C) It is located in Green Bay.

訳)それはグリーンベイにある。

 

locatedという単語が使われているので、文書内で場所を示す情報を探します。

 

Neuman Accounting Servicesの住所にGreen Bayという地名が含まれていることから、この選択肢が正解であると分かります。

 

 

(D) It received a $120.79 refund.

訳)120.79ドルの返金を受け取った。

 

文書内で$120.79というキーワードを探すと、購入総額が$120.79であり、refund(返金額)ではありません。

よって、これも不正解です。

 

 

この記事ではシングルパッセージの問題を紹介しました。

 

ダブルパッセージの問題を解きたい方は、TOEIC Part7 練習問題【985点の筆者が徹底解説】をご覧ください。

 

3-3. TOEIC Part7の解答のコツとおすすめ勉強法

TOEIC Part7は多くのTOEIC学習者を悩ませる最難関のPartであるとも言われます。

 

TOEIC Part7の問題を解くためには、長文読解力だけでなく、重要な情報を見つける力や単語・文法の知識が欠かせません。

 

それらの知識の勉強法については、悩みを解消!TOEIC Part7 勉強法で詳しく紹介しているので、あわせて参考にしてください。

 

 

4. TOEICリーディング問題攻略の3つのポイント

4-1. TOEICリーディング問題攻略ポイント① 時間配分

TOEICリーディングで多くの人が抱える悩みは「時間内にすべての問題を解き終わることができない」ことです。

 

75分という限られたリーディングセクションの解答時間の中で、100問を解き進める必要があります。

 

筆者がおすすめするTOEICリーディングの時間配分は下記です。

Part5: 15分

Part6: 10分

Part7: 50分

 

この時間配分に関する詳細については、これで迷わない!効果抜群のTOEICリーディング対策と時間配分をご覧ください。

 

しかし、目標とするTOEICのスコアによっては、すべての問題を解くことを目指すのではなく、解ける問題をしっかり解いて点数を稼げるようにすることの方が大切です。

 

目標スコア別のおすすめTOEIC対策については、TOEIC目標スコア別の総まとめで紹介していますので、是非参考にしてください。

 

 

4-2. TOEICリーディング問題攻略ポイント② 読む速度

理想の時間配分で解き進めるためにも、英語を読むスピードを上げることは必要不可欠です。

 

少しでも速く英文を読めるようになれば、その分多くの問題を解けるようになります。

 

TOEIC Part7を時間内に解く!速読のコツとトレーニング法では、速読トレーニングの方法だけでなく、TOEIC Part7を解く際に使える速読のコツもご紹介しています。

 

4-3. TOEICリーディング問題攻略ポイント③ 問題に慣れる

TOEICのリーディング問題を正確に、スムーズに解けるようになるためには、TOEICの問題に慣れる必要があります。

 

筆者はTOEICを何度も受けるうちに、この問題パターンならここを見れば答えが分かるだろう、と自然に解答のコツを習得しました。

 

目標スコアや学習スタイルに合った問題集を購入し、問題を解くだけじゃなく、精読や速読を練習するための素材として活用することもおすすめです。

 

おすすめの問題集については、TOEICリーディング問題集【おすすめと進め方を徹底解説】をご覧ください。

 

5. TOEICリーディング問題を攻略して、スコアアップ!

TOEICリーディングセクションの練習問題はいかがでしたか?

正解できない問題があった方は、解説を読んだり、分からない文法や単語を自分で調べたりして、新しい知識を身につけるきっかけとしてくださいね。

 

またリンクで紹介した記事でも練習問題と解説を紹介しているので、是非合わせて挑戦してみましょう。

 

この記事がTOEICリーディングのスコアアップに少しでも役に立てば嬉しいです。

どんどん問題を解いて、目標スコア達成をましょう!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
TOEIC試験対策 最短最速650点突破講座バナー

Leave a Response