TOEIC500点レベルは役に立つ?【気になる就活・仕事での評価を解説】

TOEIC500点はどのくらいのレベルなのか?TOEIC500点は英検でいうと何級なのか?等、TOEICスコアのレベルがどのくらいなのか、気になりますよね。

 

TOEIC500点と言われても、それがどの程度のレベルかよく分からないと、目標設定をする際にも困ってしまいます。

確実にスコアアップを目指すためには、自分の現在のレベル・目標とすべきレベルをしっかり把握することが大切です。

 

この記事では、TOEIC500点のレベルや英語力について、TOEIC受講者のスコアや他の英語関連試験を参考に紹介します。

また、学生や社会人が気になる、TOEIC500点の大学や企業での評価についてもまとめて解説します。

 

TOEIC500点のレベルを理解し、現在のご自身のレベルとのギャップを明確にした上で、スコアアップを目指して対策に取り組みましょう。

 

記事の内容

1. TOEIC 500点のレベルとは?

2. TOEIC500点レベルの企業・大学での評価とは?

3. 目指せTOEIC500点!おすすめの対策

4. レベルを把握して、目指せTOEIC500点!

 

1. TOEIC 500点のレベルとは?

1-1. TOEIC500点のレベルと英語力

TOEICはリスニング・リーディングセクションがそれぞれ5~495点で、その合計がスコアとなります。

全体スコアの最低は10点、満点は990点です。

 

よって、数字的にはTOEIC500点は真ん中のレベルであり、「中級レベル」とされています。

と言っても、TOEIC初級レベルが10~495点、中級レベルが500~700点とされるので、500点はギリ中級レベルで、実際の英語力はまだ初級レベルに属する学習者もいるかもしれません。

 

また、TOEICを運営するIIBCが設定するコミュニケーションレベル(PROFICIENCY SCALE)では、TOEIC500点はレベルCに位置します。

レベルCの方は、「日常生活のニーズを充足し限定された範囲内では業務上のコミュニケーションができる。」と定義されており、下記の3点ができる英語力のレベルとされています。

 

● 通常会話であれば、要点を理解し、応答にも支障はない。

● 複雑な場面における的確な対応や意思疎通になると、巧拙の差が見られる。

● 基本的な文法・構文は身についており、表現力の不足はあっても、ともかく自己の意思を伝える語彙を備えている。

 

2018年度のTOEIC公開テスト受講者全体の平均スコアは580点であったことからも、TOEIC500点は平均より低いことが分かります。

TOEIC Program DAA2019(和文)2019年6月版参照)

 

ちなみに、2018年度TOEIC公開テスト受講者約100万人のスコア分布は下記の表のようになっており、495~540点は全体の10.2%と2番目に割合が多くなっています。

TOEIC Program DAA2019(和文)2019年6月版参照)

 

 

TOEICスコアごとのレベルについては、TOEIC600点のレベルとは?600点を取るべき理由と勉強法TOEIC400点のレベル・評価とは?スコアアップ勉強方法も伝授でも紹介しています。

あわせて参考にしてください。

 

1-2. TOEIC500点レベルは英検準2級~2級

TOEIC500点レベルと他の英語試験との比較は、下記のとおりです。

 

● 英検 準2級

● IELTS 4.0~4.5

● TOEFL iBT 32~34

● CEFR A2~B1

 

※CEFRは資格試験ではなく、ヨーロッパで作成された外国語学習者の習熟度レベルを示すガイドラインです。

 

それぞれ試験内容は違うため、単純比較はできませんが、目安として参考にしてください。

 

1-3. TOEIC500点の単語レベル

TOEIC500点を取るために必要な単語数は、4,000語と言われています。

 

中学で学ぶ単語数は1,200語(平成23年までは900語)、高校で学ぶ単語は1,800語です。

よって、中高で学んだ単語をすべて覚えている場合はすでに2,700~3,000語程度の語彙力があると言えます。

 

TOEIC500点を取るためには中高で学んだ基礎単語以外に、1,000~1,300語の単語を覚える必要があります。

 

単語帳によっては目標スコア別に覚えるべき単語を明記してくれているものもあります。

TOEICスコアアップにおすすめの単語帳【レベル別・使い方も伝授】であなたに合った単語帳を見つけてください。

 

 

2. TOEIC500点レベルの企業・大学での評価とは?

2-1. TOEIC500点レベルの企業での評価

TOEICのスコアは就活や昇進・昇格、海外赴任、転職等で英語力の指標として活用されていることがあります。

 

TOEIC500点は履歴書に書いても良いスコアですが、「英語ができる」という評価を受けることはなく、就活や転職で有利になるスコアとは言えません。

 

一方で、TOEIC500点が社内の昇進・昇格基準として設定されている場合もあります。

 

社員に期待するスコアと新入社員や内定者に期待するスコアには大きな差がある傾向があり、新入社員や内定者に対してはより高いスコアを求める企業が多いです。

 

例えば、NTN株式会社では、TOEIC470点以上を管理職昇格試験の受験要件としています。

それに対して、内定者には入社後TOEIC600点以上を取ることを目標に通信教育を受講させています。(TOEIC導入事例参照)

 

これから就職する学生には、すでに働いている社会人よりも高い英語力が求められていることが分かりますね。

 

また、就職や転職に関しては、TOEIC何点以上が必須、として応募要件にしている企業もあります。

そのような企業では少なくともTOEIC550点以上、スコア設定が高いところではTOEIC800点以上を必須要件としているところもあります。

 

各企業の必須スコアについては、TOEIC600点は就職・就活に役立つ!?【企業・職種別スコア有】で詳しく紹介しています。

あわせて参考にしてください。

 

その他、海外赴任を希望する場合も、最低でも500点、できればそれ以上を持っていることが理想です。

 

例えば、デンソーテクノ株式会社では、海外赴任候補者の基本スコアは650点です。

昇進・昇格に関しては、部長は550点以上、係長格は400点以上、課長格は500点以上を要件として設定しています。(TOEIC導入事例参照)

 

海外に関わる仕事をしたい、という方は500点以上のスコアを目指すことがおすすめです。

500点以上を目指す勉強法については、TOEIC650点レベルとは?大学・就職の評価とスコア別勉強法を参考にしてください。

 

2-2. TOEIC500点レベルの大学での評価

TOEICのスコアが大学の入学試験の基準や単位認定の基準として使われることがあります。

 

まずは入学試験では、実に日本の大学の55%がTOEICを活用しています。

一定のTOEICスコアを持っていれば英語試験が免除、または点数が加点される場合、出願要件の一部としてTOEICスコアが設定されている場合があります。

基準のスコアも300点台から満点の990点と、大学によってバラバラです。

 

下記に、TOEIC500点が入試の際に基準として使われている例を一部紹介します。

TOEIC® Tests 入学試験・単位認定における活用状況を参考にしていますが、情報が更新されていない可能性もあるため、詳しくは各大学が公表している情報をご確認ください。)

 

TOEIC500点が出願要件の一部

・ 神田外語大学 外国語学部 アジア言語学科:公募学校推薦

・ 青山学院大学 総合文化政策学部 総合文化政策学科:一般入試

・ 工学院大学 工学部 機械工学科:公募制推薦入試

・ 法政大学 情報科学部:一般入試

・ 明治学院大学 国際学部 国際学科:AO入試

 

TOEIC500点で英語試験免除

・ 東北福祉大学 全学部:AO入試

・ 麗澤大学 外国語学部 外国語学科(英語・英米文化選考):編入学入試

・ 亜細亜大学 全学部 全学科:公募制推薦入試

・ 拓殖大学 工学部 国際コース:AO入試

 

TOEIC500点で点数加算

・ 札幌大学 全学部:自己推薦入試(資格)

・ 盛岡大学 文学部 英語文化学科:自己推薦入試

・ 東北工業大学 全学部 AO入試

・ 共立女子大学 国際学部 国際学科:公募制推薦入試

 

また、TOEICスコアを単位認定に活用しているのは、日本の大学の約49%です。

TOEIC500点でも単位認定が受けられる大学もいくつかあります。

 

各大学での入試・単位認定に関するTOEICの活用状況は、こちらのサイトで検索することができます。

大学以外にも、短期大学・高等専門学校のTOEIC活用状況も見ることができます。

 

TOEIC500点に限らず、少しでも高いTOEICスコアを持って大学入試に挑むことができれば、入試で有利になるだけでなく、入学後も単位として認定されたり、留学やインターンシップで役に立つことも期待できます。

 

3. 目指せTOEIC500点!おすすめの対策

3-1. TOEIC500点レベルにおすすめの勉強法

TOEIC500点を達成するためには、やみくもに勉強するのではなく、下記の3点の強化に取り組むことがおすすめです。

 

① 基礎文法

基礎文法をしっかり学ぶことはTOEIC対策においてとても大切です。

文法が本当に苦手という方は中学・高校の文法書から復習しても良いですが、おすすめはTOEIC Part5対策をしながら、文法を学習する方法です。

 

Part5の多くは文法について問われる問題です。

Part5で出題される文法問題を解きながら、正解するために知っておくべき基礎文法知識を学んでいくことができます。

 

Part5対策については、TOEIC Part5 対策!短文穴埋め問題の攻略法を解説も参考にしてください。

 

② 音読

音読は主にリスニング対策として行いますが、リーディングにおいても良い効果が期待できます。

まずはPart2やPart5の問題を音読し、TOEICの問題に慣れつつ、リスニング力を鍛えていきましょう。

 

音読の方法については、TOEICリスニング対策と解答のコツ【音読できる=聞けるの法則とは⁉】で詳しく紹介しています。

 

③ 語彙力強化

先ほども紹介した通り、TOEIC500点を取るためには、約4,000語の単語の知識が必要と言われています。

 

単語の覚え方については、単語を覚えてTOEICスコアアップ!今から始められる単語の覚え方で詳しく紹介しています。

単語の学習はとにかく復習と継続が大切です。

しっかり取り組んでいきましょう。

 

TOEIC500点突破のための勉強法については、目指せTOEIC500点!確実に達成するための勉強法と対策でも詳しく解説しています。

あわせて参考にしてください。

 

3-2. TOEIC500点レベルにおすすめの参考書

TOEIC対策では、今の自分のレベル・目標レベルに合った参考書を選ぶことがとても大切です。

また、家で勉強するのか?電車や休憩時間等のすきま時間を使って勉強するのか?等、自分の学習スタイルを考慮することも必要です。

 

TOEIC500点を目指す学習者におすすめしたい参考書については、この参考書でTOEIC500点突破!講師おすすめの3冊と活用法で詳しく紹介しています。

ぜひ参考にしてください。

 

4. レベルを把握して、目指せTOEIC500点!

以上、TOEIC500点のレベルについて詳しくお伝えしました。

 

TOEIC500点はギリギリ中級レベルですが、「英語ができる」とアピールしたい場合にはまだ物足りない点数です。

企業や大学では場合によっては役に立つこともありますが、より高いスコアを持っている方が評価をされます。

 

まずは現在の自分のレベルと目標とするレベルのギャップをしっかり把握した上で、そのギャップをどう埋めるべきか作戦を立て、しっかり対策をしていけば、TOEICスコアアップができることは間違いありません。

 

TOEIC500点を目指して、がんばりましょう!

 

500点からさらに上の600点を目指すための勉強法について、TOEIC500点から600点突破!勉強法・テクニックをプロが伝授で紹介しています。

あわせて参考にしてください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
TOEIC試験対策 最短最速650点突破講座バナー

Leave a Response