TOEIC800点突破のためのおすすめ参考書【リスニング&リーディング強化編】

TOEIC上級者の仲間入りでもある800点を突破したいけれど、どの参考書を使えば良いか迷っていませんか?

 

TOEIC800点の壁は高いため、それを突破するために今まで行ってきた学習に加えて、何をすれば良いのか悩んでしまうことがあるのではないでしょうか。

 

TOEIC800点を取るためには、とても高い英語力が求められます。

中でもリスニング力とリーディング力の強化が一番の鍵となります。

これらの能力を高めるために効果的な参考書を探すことが、TOEIC800点突破の大きなヒントとなります。

 

この記事では、TOEIC800点を取るために必要なリスニング力とリーディング力を強化する際におすすめの参考書を2つずつ厳選してご紹介します。

 

TOEIC満点の筆者がTOEIC上級者にも効果的と感じる参考書を理由や使い方と共にお伝えするので、安心して使っていただければと思います。

 

この記事の内容

1. TOEIC800点突破のためのリスニング力強化参考書①

2. TOEIC800点突破のためのリスニング力強化参考書②

3. TOEIC800点突破のためのリーディング力強化参考書①

4. TOEIC800点突破のためのリーディング力強化参考書②

5. おすすめ参考書を活用してTOEIC800点突破!

 

1. TOEIC800点突破のためのリスニング力強化参考書①

1-1. 英語で聞く力。81のサンプル・リスニングで鍛える!

TOEIC800点突破を目指す方がリスニング力を上げる際、もはやTOEIC専用の参考書だけに拘るのではなく、リスニング力向上を目的とした参考書も選択肢に入れると良いでしょう。

 

TOEIC800点以上を目指すTOEICリスニング突破の教材は数も少なく、それらが必ずしも効果的とは限らないからです。

 

筆者がリスニング力アップのためにおすすめする1冊は、『英語で聞く力。81のサンプル・リスニングで鍛える!』です。

 

 

この参考書は、「TOEIC®L&R、TOEFL®iBT、IELTS、TEAP、英検などのリスニング対策はこの1冊で完璧!」と謳っているように、英語の資格試験のリスニングパートで点数を取るためのリスニング力強化を目的とした1冊です。

 

1-2. この参考書がおすすめの理由

『英語で聞く力。81のサンプル・リスニングで鍛える!』の1番のおすすめポイントは、そのダイアローグ(会話)やモノローグ(1人の人が何かについて話している)の多さです。

合計で81のダイアローグとモノローグがありますが、短いもの、図表付きのもの、そして長いものに分かれているため、TOEICのリスニングにもしっかりと対応しています。

 

他にも、TOEICと同じように音声は、アメリカ、イギリス、オーストラリア、カナダ英語のナレーターによって収録されていて、扱うシーンも日常やビジネス等が含まれている点もおすすめの理由です。

 

リスニングの参考書と聞くと、ひたすら聞いてリスニング力を高めるというイメージを持っている方も多いかと思いますが、この参考書は、下記の流れを取っているため、とても効率的にリスニング力を上げることができます。

 

① これから聞くダイアローグやモノローグで登場するフレーズ(表現)を確認する

② ダイアローグやモノローグを聞く

③ 話されている内容を文字で確認する(和訳もあり)

④ 内容に関する質問に解答する

 

上記の流れで進めるため、まずは聞く内容に対する準備を行い、聞いた後には内容を正しく理解できているか確認することができます。

これらはとても重要なポイントで、筆者がこの参考書をおすすめする理由でもあります。

 

1-3. この参考書のおすすめの使い方

『英語で聞く力。81のサンプル・リスニングで鍛える!』のおすすめの使い方は、まず参考書で紹介されている流れに沿って学習を進めることです。

それに加えて、音源がとても優れているため、必ず内容を理解した後に、音読とシャドーイングを行うようにしましょう。

 

参考書の前半は短いダイアローグやモノローグなので、比較的難易度は低いものとなっていますが、後半に入ると難易度が上がります。

 

しかし、これらで音読ができるようになれば、リスニング力は飛躍的に向上するだけでなく、スピーキング力の向上も望めます。

 

詳しい音読の方法については、TOEICリスニング対策と解答のコツ【音読できる=聞けるの法則とは⁉】をご覧ください。

 

2. TOEIC800点突破のためのリスニング力強化参考書②

2-1. TOEIC®テスト 新形式精選模試リスニング

TOEICリスニング力アップにおすすめの2冊目は、『TOEIC®テスト 新形式精選模試リスニング』です。

 

 

これは参考書というより問題集ですが、まさに本番で出てきそうなリスニング問題を100問5セット、合計500問収録しています。

また、リスニング問題集のため、MP3音声のCD-ROMが1枚ついています。

 

音声は本番と同じくアメリカ、イギリス、オーストラリアとカナダの英語になっているため、苦手な訛りがある場合でも、しっかりと慣れることができます。

 

2-2. この参考書がおすすめの理由

『TOEIC®テスト 新形式精選模試リスニング』がおすすめである理由はいくつかあります。

 

1つ目は質の高い問題と数の多さです。

TOEIC800点越えを目指している学習者は、既にある程度の英語力を持っているため、1冊目でご紹介したような参考書以外に、TOEICの試験問題に慣れておくことが、スコアを上げるには効果的と考えられています。

よって、問題の質が高く、問題数の多いこの1冊で問題に慣れることは、大変おすすめであると言えます。

 

また、各問題に対する解説がとても丁寧、且つ的確なことはもちろんですが、どのような手順で考えると正解にたどり着けるかが説明されている点もおすすめの理由です。

 

更に筆者が個人的に良いと感じた点は、各問題に「正答率」がある点です。

それによって、問題の難易度が分かるため、正答率が高い質問を間違えた場合、「もっと頑張らないと!」というやる気につながり、正答率の低い問題に正解した場合、「しっかりと理解出来ている!」という自信にもつながります。

 

2-3. この参考書のおすすめの使い方

『TOEIC®テスト 新形式精選模試リスニング』のおすすめの使い方は、問題を解き、正解不正解に関わらず、しっかりと解説を確認することです。

正解した問題でも、もしかすると理解は間違っていたけれど、なぜか正解になったということもあれば、不正解だったけれども、うっかりミスだったということもあります。

 

何問正解できたかも重要ですが、それ以上に、それぞれの問題の解答を正しく理解できているか確認することが大切です。

 

そして、それを行った上で、音読やシャドーイングを行うことも忘れないようにしましょう。

 

本番同様の音声が模試5回分あるので、それを音読やシャドーイングに使わない方が勿体ないです。

スキマ時間を使う等でも良いので、必ず声に出して練習することをしましょう。

 

3. TOEIC800点突破のためのリーディング力強化参考書①

 

3-1. TOEIC L&R 絶対攻略リーディング

リーディング力強化もTOEIC800点を突破するためにはとても重要です。

特にPart7で苦戦する学習者も多いのではないでしょうか。

 

Part7の内容を理解するためには、「精読」が効果的ですが、時間内でできるだけ多くの問題を解けるようにするためには、「速読」も重要です。

 

精読の方法については、TOEIC Part7 対策はこれ!知っておくべき精読とは?をご覧ください。

 

英語の速読をできるようにするためにおすすめの1冊は、『TOEIC L&Rテスト 絶対攻略リーディング』です。

 

 

著者の谷口恵子先生は、TOEICの解答テクニックを知っていても、特にPart7は文書を隅から隅まで読む必要があるため、文書を素早く読むことを可能にする速読を推奨しています。

 

この参考書では、Part7で登場するシングルパッセージ(1つの文書)、ダブルパッセージ(2つの文書)、そしてトリプルパッセージ(3つの文書)それぞれ10題ずつ収録していて、TOEIC形式の問題を使いながら速読のやり方を身に着けることができます。

 

3-2. この参考書がおすすめの理由

筆者が『TOEIC L&Rテスト 絶対攻略リーディング』をおすすめする最大の理由は、TOEIC800点を突破するには速読が必要と考えるからです。

そして、その速読を実践的に身に着けるために有効な参考書がこの1冊です。

 

この参考書では、速読の重要性と方法を説明していることはもちろんですが、30日間の学習計画が設定されていることが大きな売りと言えます。

 

速読の方法が分かっても、実際に自宅で行おうとした場合、難しく感じる可能性は高いです。

しかし、この参考書を使うことで、いつ何をどれだけ行えば良いかが書かれているので、その計画に沿って行うだけで速読の練習ができます。

 

これがこの参考書をおすすめする大きな理由です。

 

3-3. この参考書のおすすめの使い方

『TOEIC L&Rテスト 絶対攻略リーディング』のおすすめの使い方ですが、まずは速読の重要性と実施方法、そして30日の学習計画に沿って行ってみましょう。

 

そして、ある程度速読ができるようになってきたら、次のステップとして、TOEIC公式問題集を使って速読の練習をしましょう。

TOEIC公式問題集以上に、本番と同じ質の問題が乗っている問題集は少ないため、1冊は持っておきましょう。

 

公式問題集の選び方については、おすすめのTOEIC公式問題集【違いを比較&勉強法を伝授】をご覧ください。

 

また、TOEIC形式の問題に疲れてしまった場合、気晴らしに全く違う英文を使って速読することもおすすめです。

 

筆者の場合、好きなサッカーの英文記事を読む等すると、楽しく学習することができます。

 

是非試してみてください。

 

4. TOEIC800点突破のためのリーディング力強化参考書②

 

4-1. TOEIC®テスト 新形式精選模試リーディング

TOEIC800点突破のためにおすすめする2冊目のリーディング力強化の参考書は、『TOEIC®テスト 新形式精選模試リーディング』です。

 

 

こちらはリスニング力強化でおすすめした問題集のリーディング版です。

 

リーディングセクション100問を5セット、合計500問の問題集です。

TOEIC800点を越えるためには、英語の知識、そして問題を解き切るための速読といったことも大切ですが、それと同じくらい問題を解くことに慣れる必要があります。

 

これまでの学習で得た知識や能力を、問題を解きながら実践することで、TOEICスコアアップに必要なリーディング力強化につなげることができます。

 

こちらの問題集は、3種類出ていますが、筆者は1冊目か2冊目がおすすめです。

しかし、3冊目も完成度は高いので、もし既にそれを持っている方は、是非活用してください。

 

4-2. この参考書がおすすめの理由

このシリーズをおすすめする理由に、実際の試験より少し難易度が高いように感じられる点が挙げられます。

しかし、もちろん理不尽に難易度が高いのではなく、実際の試験と見分けがつかない程の完成度なので、

日頃からこのような少し難易度が高い問題に触れることで、実際の試験が少し易しいと感じることができます。

 

また、『TOEIC®テスト 新形式精選模試リーディング』がおすすめである理由は、リスニング版同様、解説がとても分かりやすい点です。

解説を読むことで、Part5~7全ての問題の解答方法が分かるため、同じような問題が出た場合、正しい答えが選択できる可能性が高くなります。

 

それぞれの問題の正答率が記載されているため、TOEIC800点を目指す方は、あまりにも正答率が低いもの(15%等)を間違ってもあまり気にしなくて良いという判断もできます。

 

4-3. この参考書のおすすめの使い方

筆者がおすすめする『TOEIC®テスト 新形式精選模試リーディング』の使い方は、少しずつ時間に制限を設けて解くことです。

最初は問題をしっかりと解くことを意識していただき、正しい答えを、解説を確認しながら分かるようにしましょう。

 

しかし、リーディングセクションは時間との勝負ということもあるため、少しずつ時間制限を設けて解くことで、実際の試験と似たような緊張感を持ちながら問題を解くことができます。

 

Part7は時間が十分あれば、答えは文書の中に含まれているので、見つけられる可能性は高いです。

しかし、時間というプレッシャーがあると焦ってミスをしてしまうこともあります。

時間を計りながらこの問題集を繰り返し行うことで、今まで最後まで終わらせることができなかったリーディングセクションを、しっかりと終わらせることができるようになる可能性が高まります。

 

5. おすすめ参考書を活用してTOEIC800点突破!

TOEIC800点は簡単に取れる点数ではありませんが、しっかりとリスニング力とリーディング力強化を行うことで、実現は可能です。

 

そのためには、今回おすすめした参考書を是非使って、おすすめの使い方で学習をしてみてください。

それぞれの参考書に書かれている本来の方法で学習することはもちろんですが、それに加えて音読等、今回ご紹介した方法を加えることで、効果を高めることができます。

 

TOEIC800点が取れると仕事等でも様々な機会が増える可能性があります。

また、大きな自信にもつながり、TOEIC900点や満点を取りたいという目標にもつながります。

 

是非今回おすすめした参考書を使って、TOEIC800点突破を目指しましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
TOEIC試験対策 最短最速650点突破講座バナー

Leave a Response