疑問文を一気にマスター!TOEICで頻出の疑問文6パターンとは?

会話のキャッチボールに不可欠な疑問文は、TOEICパート2の設問文やパート3の会話問題でも頻出です。

 

「疑問文について、もう一度しっかりと復習したい」

 

そんな方はぜひ、こちらのブログで一気に総復習していきましょう。

それでは早速、疑問文の基本的な考え方からみていきます。

 

 

====記事の内容====
1. 疑問文の基本事項
2. Yes/No疑問文
3. 選択疑問文
4. 疑問詞WH疑問文
5. 付加疑問文
6. 間接疑問文
7. まとめ
================

 

 


1. 疑問文の基本事項

<<日本語との違い>>

 

 

あなたの名前は太郎です。 + 「か?」

平叙文 + 「か?」 = 疑問文

 

 

日本語は文末に「か?」をつけることで、簡単に疑問文にできますね。

 

とても簡単に疑問文にできるのですが、

 

最後まで文をきかないと「平叙文か疑問文か分からない」

 

というデメリットもあります。

 

一方で、英語は、出だしを聞いた時点で、「平叙文か疑問文かを判断できる」ことが非常に多くあります。

 

こちらをご覧ください。

 

 

Is your name Taro ?

 

 

いきなりbe動詞がきていますね。

 

疑問詞の作り方の基本的なルールは「主語と動詞を入れ替える」です。

 

したがって文頭を聞いて、最初に動詞が聞こえた段階で、

 

この文は「平叙文か疑問文か」を判断することができるのです。

 

このように英語の疑問文はその作り方のルールを知ることで、理解をすることができます。

 

 


2. Yes/No疑問文

 

まずは、Yes/No疑問文のルールを見ていきましょう。

 

Yes/No疑問文とはその名の通り、Yes/Noで返答できる疑問文のことです。
Yes/No疑問文を作る動詞は、be動詞、一般動詞、助動詞の3種類があります。

 

1. be動詞

 

 

He is a teacher.


Is he a teacher ?

 

Yes, he is.


No, he isn’t.

 

 

be動詞の疑問文のルールは、主語と動詞を入れ替えるだけ。
また、返答の際のルールは、

 

 

Yes, 主語+be動詞.
No, 主語+be動詞+not.

 

 

となります。

 

 

 

2. 一般動詞

 

 

you have a cat.


Do you have a cat ?

 

 

一般動詞の疑問文のルールは、主語の前にDo / Does を置くだけ。
返答のルールは、

 

 

Yes, 主語+do (does).
No, 主語+do (does) +not.

 

 

となります。

 

 

3. 助動詞

 

 

You have a cat.


Can you have a cat?

 

 

助動詞の疑問文も一般動詞と同様に、文の前に疑問詞を置くだけ。

返答のルールも、一般動詞とほぼ同じです。

 

 

Yes, 主語+助動詞.
No, 主語+助動詞+not.

 

 

 


3 . 選択疑問文

 

選択疑問文は「〜ですか、それとも・・・ですか?」や「〜と・・・のどちらですか?」といった、

「AかBかどちらを選びますか?」という質問で使われます。

 

作り方のルールは、「比べるものの間にorをつける」だけ。

 

 

Do you have a cat or a dog?

 

 

A cat と a dog を比較しているので、その間に or をつけていますね。

 

選択疑問文がリスニングセクションで出題された場合は、比べる選択肢が2つ以上あるので、

最後までしっかりと聞きとる必要あります。

 

パート2では特によく出題されますが、慣れていないと意味の把握が難しいので、しっかりと練習をしておきましょう。

 

 


4. 疑問詞WH疑問文

 

続いては疑問詞を用いた疑問文です。

 

Be動詞や一般動詞、助動詞を用いた疑問文はYes/Noで答えることができますが、

それ以外のYes/Noで答えることができない疑問文は、この疑問詞を用いた疑問文になります。

 

英語の学習に限らず、5W1Hに沿って物事を整理し、相手に伝えるようにすると、情報をわかりやすく伝達することができるフレームワークとして使われますね。

 

5W1Hのほかにも、多くの疑問詞がありますので、今回はその中でもよく使われる主な疑問詞を9つご紹介しましょう。

 

疑問詞意味聞く内容
What何がもの
Who誰が
Whose誰のものだれの所有か
Whichどちらが選択
Whenいつ
Whereどこで場所
Whyなぜ理由
Howどのように手段、程度など
what名詞
whose名詞
which名詞
何の
誰の
どの
修飾している名詞、所有、選択

 

では、平叙文からWH疑問文を作るルールを確認していきましょう。

 

WH疑問文の作り方

STEP1 聞くべき内容を決める。
STEP2 聞く内容を疑問詞に置き換える。
STEP3 文の前にその疑問詞をもってくる。
STEP4 主語と動詞を入れ替える

 

 

<<1. 何を聞くかを決める>>

まずは、何を聞くかを決定します。

例えば、

 

 

He studies English every day.
彼は毎日、英語の勉強をしています。

 

 

の文において、何の教科を勉強しているのか聞くことにした場合、
English、つまり「英語」が聞くべき内容ですね。

 

 

<<2. 聞く内容を疑問詞に置き換える>>

続いて聞く内容を疑問詞に置き換えます。
勉強している科目は英語Englishでしたので、こちらを疑問詞に変えます。

 

何を勉強していますか?

という内容を聞くので疑問詞はwhatですね。

 

 

He studies English what every day.
彼は毎日、何の勉強をしています。

 

 

 

<<3. 文の前にその疑問詞をもってくる>>

次に置き換えた疑問詞を一番前に持ってきます。

 

 

What He studies English every day.

 

 

 

<<4. 疑問詞以下の文を疑問文にする>>

最後に疑問詞以下の文を疑問文にすます。
Be動詞なら、主語と動詞を入れ替え、一般動詞ならDo やDoesをつけるんでしたね。

 

 

What Does he study every day?

 

 

これで、WH疑問文は完成です。

 

 


5. 付加疑問文

 

「〜ですよね?」といった意味を確認したり、同意を求めたりする場合に付加疑問文が使われます。

 

なお、付加疑問文には、肯定文につくタイプと否定文につくタイプの2種類がありますよ。

 

 

 

 

このように、肯定文に続く場合は、否定形で。

否定文に続く場合は肯定形で疑問文を付加します。

 

なお、否定文に続く付加疑問文で注意をしなければならない点は、答え方、返答方法です。

 

 

日本語とは大きく違うので、日本語と比較しながら見ていきましょう!

 

 

 

<<日本語>>
彼は学生ではないですよね?

はい、彼は学生ではありません。

 

<<英語>>
He isn’t student, is he?
彼は学生ではないですよね?

No, he isn’t student.
はい、忙しくありません。

 

 

このように英語では、Yesが「いいえ」、Noが「はい」の意味になってしまいます。
考え方はとてもシンプルです。

 

英語では、notが入る文でYesを使うことができないと覚えておきましょう。

つまり、

 

Yes, he is not student. という文は成り立ちません。

 

he is not student.という文に使うことができるのはYesではなく、No。

 

覚えておきましょう。

 

 


6.間接疑問文

 

間接疑問文とは、疑問詞で始まる節が動詞の目的語になっているもののこと。

 

具体的には、

 

 

 

 

 

図でみるとわかりやすいですね。

確かに、疑問文(節)が動詞の目的語になっています。

 

 

なお、間接疑問文では、よく使われる動詞がある程度きまっています。

 

 

間接疑問文で使われる動詞

ask : たずねる
Know : 知る、知っている
wonder : 不思議に思う
remember : 思い出す
learn : 学ぶ、覚える

 

 

などです。

 

これらの動詞に共通するイメージは「知識に関する動詞」ということ。

知る、学ぶ、などは間接疑問文と相性がいい動詞なんですね。

 

 


7. まとめ

 

今回はTOEIC対策でも極めて重要な疑問詞について、まとめてみました。

 

疑問詞は中学自体に学習する文法事項の一つですが、

パート2、パート3のリスニング問題でも頻出するので、ぜひ押さえておきたいところですね。

 

分からない部分、不確かな部分は繰り返し復習していきましょう。

コメントを残す