TOEICで結果が出る!Part5頻出パターン⑤ 代名詞問題 解き方のコツ【練習問題付き】

TOEIC Part5の代名詞問題についてまとめました!

・TOEIC で目標としていた結果が出せなかった
・Part5の代名詞問題では、たまに代名詞の文中での場所が分からなくなる
・色々な種類の代名詞があるけど、迷うことがある

という方に読んでいただきたい記事です!

 

他の頻出パターンが知りたい方は、下記からご覧いただけます。

TOEIC Part5練習問題①語彙問題
● TOEIC Part5練習問題②品詞問題
● TOEIC Part5練習問題③動詞問題
● TOEIC Part5練習問題④前置詞・接続詞問題

 

代名詞と言ってもIやhe, sheだけでなく、色々な種類があるので見分けるのが難しいことがありますよね。

2つの練習問題を解きながら、代名詞の種類も確認してみましょう。

 

記事の内容

1. TOEIC Part5 代名詞 例題①
2. TOEIC Part5 代名詞 例題① 答えと解説
3. TOEIC Part5 代名詞 例題②
4. TOEIC Part5 代名詞 例題② 答えと解説
5. TOEIC Part5で結果を出すために代名詞問題をマスターしよう!

 

この記事では、「問題」→「解説」→「回答」の順番で練習問題を解いていきます。

 

1. TOEIC Part5 代名詞問題 例題①

代名詞問題は、選択肢にhe, him, his等の代名詞が並んでいる問題ですね。

まずは1つ目の練習問題を見て代名詞問題はどういうものか見てみましょう!

Before entering the hospital room, all visitors must wash ——- hands thoroughly.

A. their
B. them
C. they
D. themselves


モバイックより引用)

 

選択肢には全て異なる形の代名詞が並んでいますね。

まずは問題を解いてみてましょう。

 

2. TOEIC Part5 代名詞問題 例題① 答えと解説

選択肢に代名詞が並ぶ問題では、選択肢を見て代名詞問題であると確認した後に、「空欄の前後を確認する」のが解くコツです!

 

ステップ1:空欄の前後を確認する

空欄の前は動詞wash(洗う)、後は名詞hands(手)ですね。

よって、空欄には名詞を限定する所有格の代名詞が入ると分かります。

 

代名詞の問題で、前に動詞、後に名詞が来たら、「所有格」と覚えておきましょう!

そもそも代名詞に自信がない!という方は、TOEIC対策オンライン学習プログラム【モバイック】で、TOEIC対策と同時に文法の確認もできますよ!

5秒で登録が終わる無料体験もあるので、ぜひ試してみてくださいね。

 

ステップ2:選択肢を確認する

所有格が入るという情報を基に、選択肢から所有格の代名詞を見つけてみましょう。

A. their(所有格: 彼らの)
B. them(目的格: 彼らを、に)
C. they(主格: 彼らは、が)
D. themselves(再帰代名詞: 彼ら自身)

 

選択肢の中で所有格はAのみなので、A. theirが正解ということがあっという間に分かりますね。

 

例題の訳も確認してみましょう。

Before entering the hospital room, all visitors must wash their hands thoroughly.

病室に入る前に、訪問者はしっかりと手を洗わなくてはならない。

 

このように、異なる種類の代名詞が並ぶ代名詞問題では、空欄の前後の単語を確認することで、どの代名詞がいちばん当てはまるかが分かります。

では、もう1問違うタイプの代名詞問題を解いてみましょう。

 

3. TOEIC Part5 代名詞問題 例題②

Mr. Garcia read his script aloud several times in order to prepare ——- for the upcoming presentation.

A. yourself
B. ourselves
C. himself
D. itself

 

モバイックより引用)

1つ目の問題とはちょっと異なる代名詞問題ですね。

解き終わったら、早速答えと解説で確認をしてみましょう!

 

4.TOEIC Part5 代名詞問題 例題② 答えと解説

選択肢に~self(~自身)で終わる同じ形の代名詞が並んでいますね。

~selfの問題は、基本的には主語となる人(または動作を行う人)がその人自身のことについて話しているため、Iであればmyself、weであればourselvesのようなマッチになります。

 

この文の場合、主語がMr. Garciaと男性なので、C. himselfを入れると、prepare himself for the upcoming presentation(次のプレゼンテーションの準備をする)となり文意が通りますね。

 

よって、正解はC. himselfです。

 

例題の訳を確認しておきましょう。

Mr. Garcia read his script aloud several times in order to prepare himself for the upcoming presentation.

Garcia氏は、次のプレゼンテーションに向けて準備をするために、台本を何度も読んだ。

 

このように、同じ形の代名詞が選択肢に並ぶ問題の場合は、空欄の前後を確認する必要はなく、文の中のヒントを参考しながら解くことができます。

また、この問題の場合、prepare oneself for …「~の準備をする」という表現を知っていれば、すぐに答えを選ぶことができてしまうんです。

こんなこともあるので、語彙や表現の知識を増やすことはとても大切です。

 

5. TOEIC Part5で結果を出すために代名詞問題をマスターしよう!

TOEIC Part5では、語彙問題と品詞問題、動詞の文法問題が多く、代名詞の問題などのその他の文法問題はそこまで多くは出題されません。

しかし、基礎文法の知識を身につけ、代名詞問題で点数を稼げれば、TOEICで結果を出すことにつながります。

 

TOEIC対策オンライン学習プログラム【モバイック】では、代名詞の知識を確認しつつ、練習問題も解いていくので、基礎文法の復習とTOEIC対策ができます。

また、メールアドレスだけで無料体験を行うことができるという気軽さもあるので、ぜひ試してみてください!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
TOEIC試験対策 最短最速650点突破講座バナー