TOEIC Part5 対策!短文穴埋め問題の攻略法を解説

TOEIC Part5の対策をしたいけど、何から始めていいのか分からない、という方も多いのではないでしょうか。

 

せっかく対策するなら、もっとも効果的かつ効率的な方法で、確実にスコアアップを目指したいですよね。

 

TOEIC Part5対策では、問題形式と問題パターンを知り、パターンごとの解き方のコツをおさえることが大切です。

この記事を読むことで、Part5のベストな対策方法を知ることができ、すぐにスコアアップのための勉強に取り掛かることができます。

 

筆者はこの記事で紹介する解き方のコツを実践して、リーディングセクションで満点を取れるようになりました。

 

ではまずはTOEIC Part5の概要について見ていきましょう。

 

記事の内容

1. TOEIC Part5 の概要と特徴

2. TOEIC Part5 攻略の3つのコツ

3. TOEIC Part5 問題パターンの見分け方と解き方

4. おすすめのTOEIC Part5 対策

5. 解き方のコツをつかんでTOEIC Part5 を攻略!

 

1. TOEIC Part5 の概要と特徴

TOEICは7つのパートに分かれています。

Part1~4のリスニングセクションが終わった後、リーディングセクションの始めに出てくるのがPart5です。

 

リーディングセクション計100問のうち、Part5では30問が出題されます。

ちなみに、旧形式ではPart5は40問出題されていましたが、2016年5月以降の新形式では30問に減りました。

 

1-1. TOEIC Part5 の問題形式

TOEIC Part5の問題形式は、「短文穴埋め問題」です。

 

下記のように、文の中に空欄があり、そこに入る単語を4つの選択肢から選ぶ問題です。

 

All employees are asked to turn off ——- computers, printers, or lights whenever possible to save energy at the workplace.

A. their
B. theirs
C. themselves
D. they

(モバイックより引用)

 

問題はある程度パターン化されているので、そのパターンに慣れれば、スムーズに解くことができます。

 

では、その問題パターンについて見ていきましょう。

 

1-2. TOEIC Part5 の問題パターン

TOEIC Part5の問題は8つのパターンに分類されます。

 

  • 語彙問題
  • 品詞問題
  • 動詞問題
  • 前置詞問題
  • 接続詞問題
  • 代名詞問題
  • 比較級問題
  • 仮定法問題

 

パターンとしてはそれほど多くないので、問題をパッと見て「これはOO問題だ!」と判断できるようになれば、解きやすくなります。

主な問題パターンの見分け方と解き方については、記事の後半で詳しく紹介します。

 

2. TOEIC Part5 攻略の3つのコツ

TOEIC Part5でしっかり点を取るために知っておきたいコツを3つ紹介します。

 

2-1. ❶ Part5攻略に必要なスキルを身につける

Part5を攻略するために必要なスキルは、ずばり 「文法知識」 と 「語彙力」 です。

この2つのスキルをしっかり身につけることで、Part5の問題をスムーズに解けるようになります。

 

文法知識については、文型や品詞はもちろん、動詞の活用や前置詞・接続詞、関係代名詞や構文等、幅広い文法についてしっかり知識を身につけることが必要です。

 

語彙力については、多ければ多いほど良いです。

TOEICで満点を取るには、1万語以上の語彙知識が必要と言われています。

 

語彙の知識が増えてくれば、自信を持って問題を解き進めることができます。

また、知らない単語が出てきても、その単語の語尾等から意味を推測できるようになり、正解できる確率が高くなります。

 

この「文法知識」と「語彙力」は車の両輪のような関係なので、どちらもバランスよく伸ばしていくことが大切です。

 

2-2. ❷ 解き方の基本をおさえる

筆者がおすすめする解き方は、まずは選択肢を見る方法です。

 

4つある選択肢を先に見て、その問題のパターンを確認します。

先に選択肢を見ることで、問題のパターンが分かり、問題文を全て読むべきか、それとも部分的に読めば答えられるかが分かり、レベルにもよりますが、10秒~20秒程スピードを短縮することが期待できます。

 

例えば、品詞問題は、選択肢の単語の形(名詞、動詞、形容詞、副詞等)と空欄の前後を見るだけで、パズルを解くように問題を解くことができます。

その反面、ほとんどの語彙問題は、問題文の全てを読むことで答えを見つけることができます。

 

2-3. ❸ スピードを意識して解く

Part5はスピードを意識して解いていくことが大切です。

 

TOEICのリーディングセクションは全部で75分と時間が限られています。

リーディングセクションの最後にはPart7という長文読解問題が待ち受けており、Part7をしっかり解くためになるべく時間を残しておきたいものです。

 

理想のスピードは、1問20秒です。

Part5の30問を10分弱で解けるようになれば、Part7の最後まで解答できる可能性が高くなります。

 

最初は1問20秒で解くのは難しいかもしれません。

練習問題を解く際は、自分なりのペースで、25秒/30秒と目標を決めて、時間を計りながら学習を進めてみましょう。

 

❷ 解き方の基本で紹介した流れで解き進めることで、確実に解答時間を短縮していくことができます。

 

焦ることは良くないですが、繰り返し時間を計りながら学習を進めることで、スピード意識が身につき、時間を気にしながらも落ち着いて解答できるようになりますよ。

 

3. TOEIC Part5 問題パターンの見分け方と解き方

では、TOEIC Part5でよく出題される問題パターンについて、その見分け方と解き方のコツを紹介します。

 

Part5で特に出題率が高いのは「語彙問題」「品詞問題」「前置詞問題」「動詞問題」「接続詞問題」「代名詞問題」の6つです。

 

Part5には他にも比較級問題と仮定法問題がありますが、出題率が低いためここでは割愛し、出題率の高い6つの見分け方と解き方について詳しくお伝えします。

 

3-1. 語彙問題の見分け方と解き方

まずは、語彙問題です。

Part5で一番出題数が多いのが語彙問題です。

 

語彙問題の見分け方は、共通点のない単語(主に動詞・名詞)が選択肢に並んでいる、という点です。

 

例題を見てみましょう。

 

Bank of Augusta offers free consultation to local business owners who are ——- financial assistance to expand their businesses.

A. seeking
B. looking
C. searching
D. watching

(モバイックより引用)

 

選択肢には4つの動詞のing形が並んでおり、意味が類似している以外の共通点はないので語彙問題と判断できます。

 

語彙問題の解き方は、【文をすべて読んで意味を確認】です。

選択肢からいちばん意味の合う単語を選ぶ必要があるので、文の意味をしっかり把握して、答えを絞る必要があります。

 

では、文意を確認します。

「オーガスタ銀行は/提供している/無料相談を/地元の事業主に/財務的支援を—–している/事業の成長のために」

(ここでは分かりやすいように日本語に訳しますが、できれば英文のまま理解する癖をつけましょう!)

 

選択肢の中で文意に合うのは、A. seeking (~を求めている)なので、Aが正解です。

 

3-2. 品詞問題の見分け方と解き方

次に、品詞問題です。

品詞問題の見分け方は、語頭が同じ単語が選択肢に並んでいる、という点です。

 

例題を見てみましょう。

 

Ms. Nguyen plans to sign the ——- with a construction company by the end of the year.

A. agrees
B. agreeable
C. agreeably
D. agreement

(モバイックより引用)

 

語頭がagreeの単語が選択肢に並んでいる品詞問題です。

 

品詞問題の解き方は、【空欄の前後を確認】した後、【選択肢の品詞を確認】の流れです。

空欄の前後を見ることで、空欄に入ることのできる品詞を絞ることができます。

 

まずは空欄の前後を確認します。

空欄の前はthe、後はwithなので、空欄には名詞が入ると分かります。

 

選択肢の品詞を確認します。

パッと見ただけで、それぞれの品詞が何か分かりますか?

多くの単語では、語尾にヒントが隠れています。

 

A. agrees(動詞に3人称単数のsがついている)
B. agreeable(-leなので、形容詞)
C. agreeably(-lyなので、副詞)
D. agreement(-mentなので、名詞)

 

選択肢の中で名詞はD. agreement のみなので、これが正解です。

 

慣れれば、パッと単語を見ただけで、品詞が判断できるようになります。

語尾のルールについては、下記を参考にしてください。

 

名詞の語尾

-ness (effectiveness 効果)
-ment (improvement 改善)
-ion (notification 通知)
-ance/-ence (appearance 出現)

 

人を表す語尾

-er/-or (employer 雇用主)
-ee (employee 従業員)
-ist (specialist 専門家)
-ant/-ent (attendant 出席者)

 

形容詞の語尾

-ful/-less (careful 注意深い) (careless 不注意な)
-able/-ible (affordable 値段が手頃な) (accessible 近づきやすい)
-ous (cautious 用心深い)
-ive (competitive 競争力のある)

 

副詞の語尾

副詞 = 形容詞+ly (carefully 注意深く) (effectively 効果的に)

 

注意すべき例外

① lyで終わる形容詞(costly, timely, friendly) → 形容詞 = 名詞+ly
② 形容詞・副詞の両方で使えるもの : hourly, daily, weekly, monthly, yearly
③ -iveで終わる名詞 : representative, incentive, initiative, objective

 

3-3. 動詞問題の見分け方と解き方

次に、動詞問題を見てみましょう。

動詞問題の見分け方は、選択肢に動詞の活用形が並んでいる、という点です。

 

例文を見てみましょう。

 

Any customers —– to request a refund must submit their request in writing for a return authorization number.

A. wishing
B. wishes
C. wished
D. wish

(モバイックより引用)

 

選択肢に動詞wishの活用形が並んでいる動詞問題です。

 

動詞問題の解き方のポイントは、【主語Sと動詞Vの位置を確認】することです。

文の主語Sと動詞Vを確認することで、空欄に入るのが動詞Vとして機能するものなのか、またはそれ以外の機能を持つものなのかを見極めることができます。

 

問題文の主語S:Any customers —— to request a refund

問題文の動詞V:must submit

 

空欄は主語の一部なので、動詞Vとして機能するもの(B. wishesとD. wish)は入りません。

残る選択肢A. wishingとC. wishedのうち、A. wishingを空欄に入れると、「返金を希望しているお客様」と文意に合うため、これが正解です。

 

3-4. 前置詞問題の見分け方と解き方

次は前置詞問題です。

前置詞問題の見分け方は、選択肢に前置詞が並んでいる、そして空欄の直後に名詞がある、という点です。

 

例文を見てみましょう。

 

—– a pending retirement, Brian Kelly is seeking an experienced senior accountant to take over the accounting position.

A. Regardless of
B. Because of
C. Except for
D. In addition to

(モバイックより引用)

 

選択肢に前置詞が並んでいる前置詞問題です。

 

前置詞問題の解き方のポイントは、【文を最初から読み、意味を確認】することです。

文を最初から読む事で、文の流れを理解し、文脈に合う選択肢を見つけやすくなります。

 

説明を分かりやすくするために日本語に訳しますが、「差し迫った退職——、ブライアン・ケリーは、経理部を引き継ぐ経験豊かな上級会計士を探しています。」という意味なので、B. Because of(~のために)が文意に合います。よって正解はBです。

 

3-5. 接続詞問題の見分け方と解き方

次に接続詞問題です。

接続詞問題の見分け方は、選択肢に接続詞が並んでいる、また、空欄の直後に節が続いている、という点です。

 

例題を見てみましょう。

 

——- no entrance fee is currently being charged, admission to the Nimoca Wildlife Park is monitored to avoid crowding.

A. Unless
B. If
C. Although
D. Whenever

(モバイックより引用)

 

接続詞問題の解き方は、【文をすべて読み、意味を確認】することです。

接続詞がつなぐ主節と従属節の因果関係を確認するためには、文をすべて読むことが大切です。

 

説明を分かりやすくするために日本語に訳しますが、「現在入場料が徴収されていない——、混雑を防ぐためにニモカ・サファリパークへの入場は常時チェックされている。」という意味なので、C. Although(~にもかかわらず)が文意に合います。よって正解はCです。

 

また、選択肢に前置詞と選択肢が混ざって出題される問題も多くあります。

このような前置詞と接続詞の問題の解き方は、【空欄の直後が句か節かを判断】することです。

 

前置詞の後には句が続きます。【(前置詞)+句】

接続詞の後には節が続きます。【(接続詞)+節(=SV)】

よって、空欄の後が句であれば前置詞が入り、節であれば接続詞が入ると判断できます。

 

3-6. 代名詞問題の見分け方と解き方

最後に紹介するのは、代名詞問題です。

代名詞問題の見分け方は、選択肢に代名詞(I, we等)が並んでいるという点です。

 

例題を見てみましょう。

 

All employees are asked to turn off ——- computers, printers, or lights whenever possible to save energy at the workplace.

A. their
B. theirs
C. themselves
D. they

(モバイックより引用)

 

選択肢にtheyに関する代名詞が並んでいる代名詞問題です。

 

代名詞問題の解き方は、【空欄の前後を確認】することです。

空欄の前後の単語を確認することで、どの代名詞を入れるのが適切かをすぐに見極めることができます。

 

空欄の後はcomputersと名詞が続いており、空欄の前のturn offの目的語として機能していると判断できます。

選択肢の中で名詞の前におけるのは所有格のA. theirのみなので、Aが正解です。

 


以上、TOEIC Part5の代表的な問題パターンとその見分け方・解き方をご紹介しました。

 

問題パターンを見分け、適切な解き方で解き進めることで、無駄なくスムーズに解答することができるようになります。

 

4. おすすめのTOEIC Part5 対策

4-1. とにかく練習問題を解く!

この記事の最初にもお伝えしましたが、TOEIC Part5を攻略するには、文法知識と語彙力が不可欠です。

両スキルをしっかり身につけた上で、おすすめしたいのが、とにかく練習問題を解くことです。

 

繰り返しお伝えしていますが、TOEIC Part5はある程度パターンが決まっている問題が多いです。

練習問題を多く解き、問題パターンに慣れる事で、条件反射のように答えがパッと分かるようになり、最短の所要時間でPart5を解き進めることができるようになります。

 

4-2. TOEIC Part5対策におすすめの教材

練習問題を解くのにおすすめなのは、「公式TOEIC Listening & Reading問題集」です。

公式の問題集なので、実際の試験レベルに最も近い問題を解くことができます。

ひとつの公式問題集には2セットの試験が掲載されています。

また、現在公式問題集は1~5まで出ています。

 

 

 

TOEIC Part5対策として、「文法」「語彙」「解答テクニック」それぞれのスキルを伸ばすのにおすすめの教材・問題集については、こちらの記事で詳しく紹介しています。

ぜひ合わせて読んでみてくださいね。

「もう迷わない!TOEIC満点保有者がおすすめするPart5 問題集」

 

5. 解き方のコツをつかんでTOEIC Part5 を攻略!

以上、TOEIC Part5対策について紹介しました。

 

TOEIC Part5攻略の3つのコツは覚えていますか?

① 語彙力と文法知識を身につけ、② 問題を解く際には選択肢から読み、③ 1問20秒で解けるようにスピードを意識、でしたね。

 

さらに、語彙問題や品詞問題、動詞問題等、代表的な問題パターンの見分け方も紹介しました。

この見分け方を覚え、それぞれの問題パターンに合わせて、空欄の前後を確認して解く、または文をすべて読んで解く等、最適な方法で解けるようにしていきましょう。

 

この記事で紹介したコツと対策を行えるようになれば、TOEIC Part5でスコアを稼げるようになること間違いなしです!

ぜひ実践してみてください。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
TOEIC試験対策 最短最速650点突破講座バナー

Leave a Response