TOEIC点数の目安が知りたい!レベル別の英語力を満点講師が解説

この記事は6分で読めます。

 

TOEICの点数の目安について、分かりやすくまとめました。

TOEICを受験しようと思っているけど、点数の目安が分からない
・ 「TOEIC何点を取れば何ができる」という英語力の目安を知りたい
・ TOEICスコアの目安を知って、目標の設定の参考にしたい
・ 就職・転職に有利なTOEIC点数を知りたい

という方に読んでいただきたい記事です。

 

TOEICの点数は最低10点、最高990点で、英検のように級で分かれていないため、レベルの目安を理解することが難しく感じます。

この記事では、TOEICの点数を500点から100点ずつのグループに分け、各グループのレベルと該当する学習者の英会話力の目安を紹介します。

また、それらの点数を持っていると就職や転職活動にどのような影響をもたらすのかもまとめました。

 

モバイックを運営するTOEIC満点講師が、各レベルの学習者を教えてきた経験と、TOEICを管理している国際ビジネスコミュニケーション協会(IIBC)が公表している資料を参考にしながら、目安をお伝えします。

目標TOEICスコア別におすすめの勉強法については、TOEIC目標スコア別の総まとめをご覧ください。

 

この記事の内容

1. TOEICスコア500~595点の英語力の目安
2. TOEICスコア600~695点の英語力の目安
3. TOEICスコア700~795点の英語力の目安
4. TOEICスコア800~895点の英語力の目安
5. TOEICスコア900~990点の英語力の目安
6. まとめ

 

1. TOEICスコア500595点の英語力の目安

まずは、TOEIC500〜595点の英語力の目安を見てみましょう。

 

11. TOEIC500595点のレベル

TOEIC500~595点のレベルは、TOEIC受験者の平均的なレベルです。

 

2019年に日本でTOEICを受けた人の平均点は、588点でした。

しかし、社会人だけの平均点は612点、そして学生は567点で、厳密に言うとTOEIC500~595点は学生の平均点で、社会人の平均と比べると平均点以下となっています。

 

TOEIC500点台を目指す方におすすめの勉強法については、目指せTOEIC500点!確実に達成するための勉強法と対策をご覧ください。

 

12. TOEIC500595点の学習者の英会話力

TOEIC500~595点レベルでは、ある程度、基礎文法や単語の知識を持っているため、あまり難しくない内容の日常会話であれば、少し文が長めであっても理解することができます。

会話では、短文で必要最低限の情報を伝える傾向があるので、話すことに慣れながら自信をつける必要があります。

 

13. TOEIC500595点の就職・転職への優位性

履歴書にTOEICのスコアを書けるのは、一般的には600点以上と言われてます。

500〜595点の点数を履歴書に書いた場合、600点以下ということで、採用担当者によってはマイナスに捉えてしまう可能性もあります。

 

よって、残念ながら就職や転職活動を行う際には、応募要件がTOEIC500点以上等でない限り、書かない方が良いということもあります。

詳しくは、TOEIC500点レベルは役に立つ?【気になる就活・仕事での評価を解説】をご覧ください。

また、TOEICのスコアを履歴書に書く際の目安や注意点は、TOEICスコアを履歴書に書く目安と書き方・注意点【完全保存版】でも詳しく説明しています。

 

TOEIC500点台の方におすすめなのが、TOEIC対策オンライン学習プログラム【モバイック】です。

TOEIC650点突破を最短・最速で目指せる特別カリキュラムで、スマホ・PCを使ってスキマ時間でTOEIC対策をすることができます。

おすすめの動画講座を無料で公開しているので、ぜひお試しください。

》【無料】モバイックの体験レッスンはこちら

 

2. TOEICスコア600695点の英語力の目安

次は、TOEIC600〜695点の英語力を見てみましょう。

2‐1. TOEIC600695点のレベル

TOEIC600〜695点は、英検では2級あたりのレベルなので、ある程度英語が話せるという評価を受けられるレベルです。

 

また、2020年にIIBCが公表したデータでは、IP(団体)テストを受けた人たちの、「英語を主言語とする国に滞在したことがありますか。」というアンケートの問いに対する回答が下記のようになっています。

・ 6カ月以上1年以下(11,700名):664点
・ 1年より多く2年以下(5,715名):665点

この結果から分かる通り、TOEIC600点から695点のレベルとは、6カ月から2年以下の期間、海外に滞在したことがある人たちが取る可能性が高いスコアレベルであるということが言えます。

 

TOEIC600点台を目指す方は、目指せTOEIC600点!レベル・勉強法・参考書をまとめて紹介を参考にしてください。

 

22. TOEIC600695点の学習者の英会話力

TOEIC600〜695点を持っている人の英会話力は、海外旅行で大きな問題に直面しない限り、問題なく買い物や食事を行うことができるレベルです。

自身が理解している内容の話であれば、細かい情報は聞き取れないことがあるものの、ある程度長文でも大体の話の流れは理解できます。

 

また、文法的な間違いや不足する語彙があっても、伝えたいことを何とか伝えることができます。

ただし、しっかりとした理由や細かい情報を正確に伝えることは困難です。

 

23. TOEIC600695点の就職・転職への優位性

履歴書にTOEICのスコアを書けるのは一般的には600点からと言われています。

よって、600〜695点のスコアを持っている人は、就職や転職活動で、「英語がある程度使える」ということをアピールすることができます。

 

2019年の社会人のTOEIC平均スコアが612点だったことを考えると、就職活動では大いに役立ちますが、転職活動では、600点台半ばから後半は欲しいところです。

TOEIC600点がどのように就職活動に役立つかは、TOEIC600点は就職・就活に役立つ!?【企業・職種別スコア有】を参考にしてみてください。

 

TOEIC600点台を目指すためにおすすめの教材は、TOEIC対策オンライン学習プログラム【モバイック】です。

TOEIC初心者でも文法の基礎を復習しながら、TOEICスコアを上げる解答テクニックを習得することができます。

誰でも受講できる無料レッスンを公開しているので、1分でできるアカウント登録からぜひお試しください。

》【無料】モバイックの体験レッスンはこちら

 

3. TOEICスコア700795点の英語力の目安

次は、TOEIC700〜795点の英語力についてです。

 

31. TOEIC700795点のレベル

上場企業の中でも、7割程が海外事業部などに配属されるための要件に、TOEIC700点以上の英語力を挙げています。

また、大企業では、部長や役員に昇進・昇格するために求めるTOEICスコアを500〜600点に設定しているところが多くありますが、高くても700〜800点あたりとなっています。

よって、英語を使って業務をしたい人や昇進や昇格を目指す人の場合、TOEIC700〜795点を取ることは、その大きな助けになると言えます。

 

TOEIC700点台を目指す方は、TOEIC700点を最短で達成するためのおすすめ参考書3選もあわせて参考にしてください。

 

32. TOEIC700795点の学習者の英会話力

TOEIC700〜795点の学習者は、自身が担当する業務についてある程度しっかりと話すことができます。

ネイティブとの会話になると全ての情報を正確に収集するまでには至りませんが、比較的細かい情報も拾えるようになり、こちらの意見を述べたり、要求に対応することができるようになります。

 

ただし、複数の人が参加する会話や会議をリードすることはまだ難しいと言えます。

 

33. TOEIC700795点の就職・転職への優位性

TOEIC700〜795点を持っている場合、外資系企業に就職するにはまだ少し物足りなさを感じますが、国内の企業であれば、英語力が求められる企業にもしっかりとアピールできます。

また、転職する上でも、英語力があることを証明することができる点数のため、自信を持って履歴書に書くことが可能です。

 

TOEIC700〜795点の転職時の評価に関しては、なぜTOEICは転職に有利なのか?【満点講師の経験から解説】をご覧ください。

 

4. TOEICスコア800895点の英語力の目安

それでは、TOEIC800〜895点のレベルを見てみましょう。

 

41. TOEIC800895点のレベル

TOEICで800〜895点を取れるレベルの人は、英語がかなり得意というレベルです。

これを裏付ける数字が、IIBCから発表されているスコア分布の詳細からも分かります。

 

例えば2020年1月に実施された公開テストでは、111,093人がTOEICを受験しました。

この回の平均点が581.2点だったので、それからも800〜895点を取ることの凄さが分かります。

 

しかし、その凄さを裏付ける数字は、これ以外にもあります。

この試験で800〜895点を取った人は、この約11万人の内、たったの10%程度でした。

全体の10%に入れるということは、かなり高いレベルの英語力を持っていると言えます。

 

TOEIC800点台を目指す方は、TOEIC800点突破のためのおすすめ参考書【リスニング&リーディング強化編】もあわせて参考にしてください。

 

42. TOEIC800895点の学習者の英会話力

では、このTOEIC800〜895点を持っている学習者の英会話力とはどれくらいなのでしょうか。

特殊な場面では単語が分からないことはあるものの、日常会話はほぼ問題なく行うことができる英会話力を持っています。

 

また、ビジネスでは、長文も理解することが出来るだけでなく、こちらからも長文を使って話すことができます。

英語での議論を行い、自身の意見を述べることはもちろん、相手の意見に賛成や反対する、理由をつけて物事を説明することが可能になります。

 

まだネイティブが使うような表現は足りないので、多少の不自然さは残りますが、しっかりと意思疎通を図ることができる英語力を持っているレベルです。

 

TOEIC800点台を目指して語彙力を強化したい方は、TOEIC800点突破に必要な60語&おすすめ単語帳!をご覧ください。

 

43. TOEIC800895点の就職・転職への優位性

TOEIC受験者の約1割のみが取れるスコアのため、就職活動では外資系企業や海外とのやり取りが多い企業に対しても、しっかりとアピールすることができます。

また、社内公用語を英語にしている楽天やファーストリテイリングでもこのスコアを持っていれば、十分条件を満たすことができます。

どのような企業を希望しても、英語面ではほぼ問題はないと言えます。

 

5. TOEICスコア900990点の英語力の目安

最後に、TOEIC900〜990点の英語力の目安を見てみましょう。

 

51. TOEIC900990点のレベル

このレベルを持っていると、周りからは「英語の化け物」扱いされるレベルです。

 

2020年1月のTOEIC公開テストで、このスコアを取った受験者は、全体の3%程度で、11万人の中で4,000人にも満たないという結果が出ました。

このスコアまで到達した場合、仮にそれが満点の990点でなかったとしても、十分ゴールに達していると言っても良いでしょう。

 

TOEIC満点については、TOEICスコア満点を取る利点と難易度【1万人指導した講師が語る】もあわせて参考にしてください。

 

52. TOEIC900990点の学習者の英会話力

TOEIC900〜990点の学習者の英会話力は、非ネイティブとしては最高レベルと言えます。

ネイティブとの会話でもしっかりとやり取りが出来て、自然な言い回しや単語を使って情報を正確に伝えたり、引き出したりすることができます。

また、ビジネスにおいても、知識を持っている内容であれば、ほぼ問題なく議論やプレゼンテーションといったことを行えます。

 

TOEIC900点突破を目指す方は、TOEIC900点を突破するためのおすすめ参考書3選をぜひ参考にしてください。

 

53. TOEIC900990点の就職・転職への優位性

TOEICで上位3%に入れるレベルのため、英語が必要と考える企業からすると喉から手が出る程欲しい人材と言えます。

もちろん英語力だけで採用する訳ではありませんが、日本人でそれだけの英語力を話せる人はそう簡単には見つけることができないので、就職や転職活動において、英語面では最強の武器となります。

 

6. まとめ

今回は、TOEICの点数を500点から990点まで100点刻みでグループ分けし、それぞれのレベル、学習者の英会話力、そして就職や転職活動における優位性についてお伝えしました。

 

TOEICは点数を取ることが目的ではありません。

大切なことは、TOEICで目標のスコアを取るための学習を行いながら、同時に、身につけた英語をしっかりと使えるようにすることです。

また、自身の現在のスコアや英語力を把握して、目標スコアとのギャップを見ながら、現実的な目標を立てて、徐々に最終目標に到達できるようにしましょう。

 

400点から900点を目指すと、その辛さで途中で挫折してしまう可能性が高いですが、400点から600点を目指し、それから700点や800点、次に900点のようにすることで、より目標が実現しやすくなります。

 

履歴書に書けるTOEICスコアは600点となっていますが、現在のスコアが600点以下で、学習方法に悩まれている方は、ぜひ筆者も運営に関わっているTOEIC対策オンライン学習プログラム【モバイック】をお試しください。

TOEICの各Part対策や基礎文法、重要な単語等を動画や練習問題などを通して学ぶことができます。

 

1分で完了する無料登録を行えば、直ぐにモバイックを試してみることができますので、まずは登録してみましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
TOEIC試験対策 最短最速650点突破講座バナー